スリップオンマフラーでトルク激変

ロングストローク単気筒の理想形かも! 鈴鹿で見つけたGB350カスタム【アールズギア編】

2022年11月19日に鈴鹿ツインサーキットで開催された『サーキットパーティ』は、Honda Dream四日市/鈴鹿/松坂が主催する初心者歓迎のイベント。そこにはGB350のカスタマイズ車も多く展示された。今回は、以前に試乗させていただいたアールズギアの“ワイバンクラシックスリップオン”をお届け。


●文/写真:ヤングマシン編集部(ヨ) ●外部リンク:アールズギア

細部のこだわりがハンパない!

アールズギア ワイバンクラシック スリップオン装着車 [写真タップで拡大]

鈴鹿ツインサーキットで11月19日に開催された『サーキットパーティ』にて展示されたGB350カスタム車をピックアップ。今回は、キャブトンスタイルのクラシカルなデザインにこだわったアールズギアのスリップオンマフラーだ。

GB350とGB350Sのどちらにも使用できる「ワイバンクラシックスリップオン」は、キャブトンスタイルとしながらテーパー上に加工したパイプを用いて溶接跡も磨き処理で消すなど、ディテールにこだわりまくった逸品だ。

STDの2重管に合わせたポリッシュタイプと、艶消しのSに似合うブラックをラインナップし、STDとSのマウント位置の違いはアルミ削り出しブラケットの形状で処理している。

【アールズギア ワイバンクラシック スリップオン】展示車にはポリッシュタイプを装着。キャブトンタイプのサイレンサーはよく見ると先端に向かって細くなっていく形状だ。これはテーパー状に加工したパイプと前後ピースを溶接した後に磨いて平滑な面に仕上げたものだという。 ●素材:ステンレス ●色&価格:ブラック=7万3700円 ポリッシュ=6万9300円 [写真タップで拡大]

精度の高い加工と美しい溶接、そして車両のシルエットに収まるたたずまい。アールズギアらしいクオリティは健在だ。ヒートガードひとつ取っても、純正と違和感なく重なっている。取り付け用のブラケットは美しいアルミ削り出しだ。

【試用インプレッション再録:単気筒らしさを加速するクラッチをラフ気味に繋いでもスルスル走り出すトルクはさすがアールズギア…と思いきや、それは序章にすぎなかった。日常域におけるスロットルレスポンスが感動的なまでに忠実なのだ。純正はアイドリングから少し上の領域にやや反応のムラがあるが、これを完璧に解消。戻した際の回転落ちも穏やかで、とにかくギヤチェンジしやすい。アールズギアの樋渡治代表によれば、きちんとトルクを出すと戻し側の特性も良くなるという。ロングストローク単気筒の”あってほしい姿”がこのマフラーで完成したとも言えるだろう。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース