第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダやポルシェの最強時代を彩ったカラー

“ロスマンズ”が新車で復活ッ!! ポルシェの限定車「911ダカール」に伝説のカラーリングが降臨

ポルシェジャパンは、現在開催中のロサンゼルスモーターショーでお披露目された限定車「911ダカール」の予約受注を開始した。4WDシステムと標準車よりも50mm高めた車高により、オフロードでの高い走行性能も併せ持つというこのポルシェ911には、なんとあの“ロスマンズカラー”がオプション設定されているのだ!!


●文:ヤングマシン編集部(マツ) ●写真:真弓悟史/ポルシェジャパン

ポルシェ、ホンダ…最強マシンを彩ったカラーが蘇る!

“ロスマンズ”と言えば、‘80〜90年代のモータースポーツを積極的にスポンサードしていた英国のタバコブランド。4輪ならグループCのポルシェやF1のルノーを、そして2輪では“ロスマンズ・ホンダ”として全盛期のNSR500や250などを彩った、まさに速さと強さの象徴とも言える伝説のカラーリングだ。

市販車でもNSR250Rに代表されるホンダのレプリカ系を中心に純正採用され、今でも高い人気を維持しているのはご存知のとおり。現在50歳前後のレース好き/レプリカ好きにとっては、マルボロやハーベー、ラッキーストライクなどと並び、忘れ得ぬタバコ系の名スポンサーカラーと言っていいだろう。

そんな懐かしの“ロスマンズカラー”を、再び新車で購入できるチャンスが訪れた!! 誰もが憧れるスポーツカー・ポルシェ911、その限定車である「ダカール」にオプション設定された「ラリーデザインパッケージ」が、白✕青のツートーンの境目を赤と金のラインで引き締めた、あのロスマンズカラーなのである!

とはいえ、もちろんこれはホンダNSRを意識したものではなく、ロスマンズのスポンサードを受けて1984年のパリ・ダカールラリーを制した、ポルシェ911のラリー仕様をオマージュしたもの。カラーリングは塗装とラッピングによって再現されているが、ドアに刻まれるロゴが「Roughroads」と、車両コンセプトを示しつつも明らかに「Rothmans」を意識したスペルと書体なのが何ともユニークだ。

それにしてもこの911、オフロード仕様に仕立ててしまうポルシェの度胸もさることながら、ラリーデザインパッケージのカラーリングは現在47歳の筆者には正直シビれるものがある。以前ホンダ関係者に「ロスマンズカラーの車両はもう販売できないのか?」と訪ねた際に「不可能ではないが、このご時世、タバコをPRする商品は企業としてハードルが高い」と回答されたことがあるのだが、あのポルシェがやってきたのだから、我らがホンダだって可能なのではないだろうか?

ロスマンズカラーの愛好者はレーサーレプリカ世代を中心に非常に数多いし、そもそも、このカラーリングはバランスも配色も非常に美しい。いきなりバイクは無理だとしても、ヘルメットやジャケットといったグッズからでも構わないので、栄光の“ロスマンズ・ホンダ”の復活を熱望いたします(だってポルシェは買えないもん!)

ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ

ポルシェ911ダカール【ラリーデザインパッケージ装着車】サイドのゼッケンナンバーは1〜999で好きな番号を選べるという。 [写真タップで拡大]

ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ
ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ

車高アップに加え、前後バンパーやサイドステップもオフロードを意識した加飾が施される。ルーフバスケットはオプションだが、ポルシェでコレやりますか!?(笑) [写真タップで拡大]

ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ
ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ

「Roughroads」のスペルや書体も絶妙にロスマンズをもじったもの。特徴的な金と赤のストライプの使い方も上手い! [写真タップで拡大]

ポルシェ|962C|ロスマンズ
ホンダ|NSR500|スペンサー

1980年代、ル・マン24時間などの耐久レースで無敵を誇ったポルシェのグループCカー・956/962C(写真)と、ほぼ同時期、やはり最強のワークスGPマシンだったホンダNSR500。ロスマンズカラーは常に「強いワークスマシン」とともにアリ! [写真タップで拡大]

お値段3090万円。ラリーPKGは433万円のオプションだ

この911ダカールは、ポルシェ911の4WD仕様・カレラ4 GTSをベースに車高を50mm高めて専用開発のピレリ製オールテレインタイヤを装着、スポーティなオフロード走行にも対応させた車両で、車高は標準装備のリフトシステムでさらに30mmアップさせ、悪路や障害物の走破性をより高めることが可能。黒いフェンダートリムや前後バンバー、CFRP製リヤスポイラーなどはダカール専用品で、42kgまで積載可能なルーフバスケットやルーフテントがオプション設定される。

走行面では、480psを発揮する3Lの水平対向6気筒ツインターボエンジンをリヤに搭載し、8速PDKトランスミッションを介して0-100km/h加速3.4秒というパフォーマンスを発揮(最高速度はオフロード用タイヤに合わせて240km/hに制限される)。前後の駆動配分などを変化させる走行モードもオフロード用に最適化されている。2500台の限定で車体価格は3090万円。ラリーデザインパッケージは433万7000円のオプションとなっている。

ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ

中央がラリーデザインパッケージで、左奥が911ダカールの標準車。右は1984年のパリダカで総合優勝を飾った911カレラ3.2 4✕4。 [写真タップで拡大]

ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ

PORSCHE 911 DAKAR [写真タップで拡大]

ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ

PORSCHE 911 DAKAR [写真タップで拡大]

ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ

PORSCHE 911 DAKAR [写真タップで拡大]

ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ

PORSCHE 911 DAKAR [写真タップで拡大]

ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ

PORSCHE 911 DAKAR [写真タップで拡大]

ポルシェ|911ダカール|ロスマンズ

PORSCHE 911 DAKAR [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース