第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

[’72-]ヤマハ RZ201:幻のロータリーエンジン搭載マシン【青春名車オールスターズ】

’72年の東京モーターショーに突如として登場したヤマハのロータリーエンジン搭載車RZ201。ヤマハファンのみならず、多くの人が新しい時代の幕開けを期待したが、ロータリーエンジンの抱える諸問題やオイルショックの影響を受け、量産車となることなく消えていった幻の1台である。※本記事はヤングマシン特別号 青春単車大図鑑からの転載です。


●文:ヤングマシン編集部

ヤマハらしい美しき工芸品【ヤマハ RZ201】

ドイツのヴァンケル氏が発明したロータリー式エンジンは、ピストン運動で動力を得る従来のストローク式のエンジンと比べ低振動で高出力、しかもサイズも小さくできるという利点があある。

4輪業界ではすでに東洋工業(現マツダ)が量産自動車を発表。バイクでは’70年にドイツのDKWがハーキュレスW2000をデビューさせていた。日本でもヤマハが’72年の東京モーターショーにヤンマーディーゼルと共同開発した330cc×2ローターのロータリーエンジンを搭載したプロトタイプ「RZ201」を出展。

しかしロータリーエンジン特有の熱問題や燃費問題など様々な要因が重なり、大々的な宣伝活動を行っていたにもかかわらず、そのまま市販車として登場することはなかった。

ちなみに、RZ201に続いて’73年に発表されたスズキのロータリーエンジン採用車「RE-5」は、量産化にこそ漕ぎ着けたものの、折り悪く第一次オイルショックが発生。やはり燃費の悪さがネックとなり、約6000台ほどの生産で現役を終えた。

ヤマハ RZ201

【’72 YAMAHA RZ201[PROTO TYPE]】 [写真タップで拡大]

ヤマハ RZ201|エンジン
ヤマハ RZ201|エンジン

エンジンはヤンマーディーゼルと共同開発の330cc×2ローターで、最高出力は68ps/6500rpm。エンジン下部はXS650を用い、それをベルトで連結するという方式が取られていた。公称最高速は190km/hだがテストコースでは220km/hで、安定して走れたという話もある。 [写真タップで拡大]

ヤマハ RZ201|フロントまわり
ヤマハ RZ201|リヤまわり

ブレーキ等は同社の4スト2気筒TXシリーズからの流用ダブルディスク。リヤはエンジンブレーキが効きにくいロータリーの特性を踏まえて、ディスクブレーキを採用している。 [写真タップで拡大]

ヤマハ RZ201

販売店には大型カラーポスターが配付され、一部の販売店では予約を開始していたところさえあったという。 [写真タップで拡大]

番外編:バンビーン 西ドイツのロータリーエンジン搭載車両

'77 VANVEEN OCR1000

【’77 VANVEEN OCR1000】バンビーンは自動車用2ローターを搭載した当時の西ドイツ製のマシン。知名度は高いが生産台数は40台弱だった。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース