第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

可変バルブ機構の単気筒は15psを発揮

ヤマハ新型「R125(YZF-R125)」登場! R7顔でトラコン、スマホ連動カラーメーターを装備【欧州】

ヤマハは欧州で、2008年の初登場以来第4世代となる新型の「R125(欧州名)」を発表した。もし日本で登場するならYZF-R125になると思われるが、いかに……?


●文:ヤングマシン編集部(ヨ)

モノアイの“バイファンクショナル”LEDヘッドライトを採用

ヤマハは欧州で新型「R125」を発表。欧州では昨年あたりから『YZF』を省略した車名に統一され、R1、R7、R3、R125のようになっているが、まぎれもなくYZF-R125の後継モデルであり、最新の第4世代を名乗るものだ。

大きくイメージを変えてきたのはデザインだ。グローバル展開されるR7(YZF-R7)やインドなどで販売されるYZF-R15が採用するモノアイ型のバイファンクショナルLEDヘッドライトを軸に、鋭い目つきのLEDポジションライトがにらみを利かせる。シートカウルやレイヤードサイドカウルは最新のエアロダイナミクスを反映したものだ。

メーターはR1にインスパイアされた2つの表示モード(トラック/ストリート)を持つ5インチTFTパネルを新採用し、セッティング可能なシフトインジケーターを搭載。スマートフォンとのコネクティビティ機能を備え、Bluetooth接続してMyRideアプリを使用することで、各種着信の通知やパラメーター管理が可能になる。

また、VVA(可変バルブ機構)とアシスト&スリッパークラッチを備える水冷単気筒エンジンには、新たに電子制御のトラクションコントロールシステムが追加された。また、オプションのクイックシフター(アップ側)に対応すべくプリワイヤリングも施される。

トップブリッジはR1に共通するイメージの大胆な肉抜きを施したものになり、クリップオンハンドルに設置されるスイッチもR1にインスパイアされた、TFTメーターパネルを操作しやすいものになった。タイヤはミシュラン製パイロットストリートを履く。

このほか、KYB製φ41mm倒立フロントフォークやアルミ製スイングアーム、2チャンネルABS、ラジアルマウント式フロントブレーキキャリパー、デルタボックスフレームなど、装備はクラスを超えた充実ぶりだ。

価格は未発表だが、欧州では2023年2月に各国で順次発売予定。車体色はアイコンブルーとテックブラックの2色で、これも最新“R”シリーズに共通するイメージだ。

なお、ヤングマシンスクープ班では兄弟モデルのXSR125が国内導入されそうという情報を掴んでおり、R125の動向も気になるところ。国内導入の暁には車名もYZF-R125となるはずだが……。続報に期待してくれ!

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

左はアイコンブルー(Icon Blue)、右はテックブラック(Tech Black)。 [写真タップで拡大]

YAMAHA R125[2023 EU model]

主要諸元■全長1990 全幅715 全高1145 軸距1325 最低地上高160 シート高820(各mm) 車重144kg(装備)■水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 125cc 15ps/10000rpm 1.16kg-m/8000rpm 変速機6段 燃料タンク容量11L■キャスター26°/トレール95mm ブレーキF=φ292mmディスク+4ポットキャリパー R=φ220mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=110/80-17 R=140/70-17 ※諸元は欧州仕様

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

YAMAHA R125[2023 EU model]Icon Blue [写真タップで拡大]

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

YAMAHA R125[2023 EU model]Tech Black [写真タップで拡大]

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

YZF-R15やR7と共通イメージの鋭い眼光に。エアインテークの中央にバイファンクショナルLEDヘッドライトが鎮座する。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

シートカウルは最新世代のエアロダイナミクスを反映。テールランプもLEDだが、ウインカーはバルブ式。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

2モードの5インチフルカラーTFTメーターを採用。Bluetoothでスマートフォンとコネクトし、無料配布されるMyRideアプリを使用すれば、バンク角や最高速度といったパラーメーターを見ることもできる。シフトインジケーターは任意の回転数にセッティング可能。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

R1らと共通イメージのスイッチを採用。TFTメーターの操作がしやすいジョグダイヤルを125ccで装備するとは……。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

新採用のトップブリッジはR1イメージの肉抜きを施したもの。スイングアームはアルミダイキャスト製。オプションのクイックシフターに対応するワイヤリングがあらかじめ施されている。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

KYB製φ41mm倒立フロントフォークにラジアルマウントキャリパーを組み合わせ、2チャンネルABSを装備。リヤサスペンションはリンク式モノクロスだ。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

レイヤードカウルに覆われた水冷単気筒エンジンはVVA(可変バルブ機構)やアシスト&スリッパークラッチを搭載。新たにトラクションコントロールシステムを採用した。 [写真タップで拡大]

ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル
ヤマハ|R125|YZF-R125|欧州仕様|2023年モデル

YAMAHA R125[2023 EU model] [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース