第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

レーサーもカブも! 皆が楽しめる大イベント「モトライダースフェスタ2022 in箱根」が開催

関東ツーリングのメッカである箱根エリアで、4つの会場を使って同時進行するという、ビッグなスケール感のイベントが開催された。初めての試みだったが、蓋を開けてみれば大成功!


●文:ヤングマシン編集部 ●写真:MRS/淺倉恵介/ヤングマシン編集部



レーサーが公道を疾走! カブのパレード走行も

箱根ターンパイク/アネスト岩田スカイラウンジ/バイカーズパラダイス南箱根/十国峠レストハウスの4会場を股にかけるスケール感と、そこに試乗会やレーシング、カスタム展示など、様々なコンテンツをギューッと詰め込んだ凝縮っぷり。これがモトライダースフェスタの特徴だ。

つまり当日の箱根は、どんな趣味嗜好のライダーが訪れたとしても、必ず何かしら楽しめそうな催しが開催されていたわけで、それが当イベントの狙いにもなっている。

主催は元レーサーの加賀山就臣さんが理事長を務める一般社団法人MRSで、バイクブームと言われる今の盛り上がりを継続して行くべく、ビギナーからベテランまで、誰もが楽しめるイベント作りを目標としている。

有料の観光道路 箱根ターンパイクを封鎖した会場では、レーシングマシンがデモランする傍らで、普段は通行不可の原付がパレードするなど、その主旨を体現するかのような光景も展開されていた。

初開催で様々な課題もあったようだが、公式発表で約2650台/3700人が来場し、会場は大盛況。今後の成長が楽しみなイベントだ。

モトライダースフェスタ
モトライダースフェスタ

公道であるターンパイクを、全日本やテイストオブツクバのレーシングマシンが駆け抜けるシーンは非日常感が満載。普段は125cc以下は走行できないため、カブがこの場所を走る様子も貴重なのだ。 [写真タップで拡大]

モトライダースフェスタ

バイカーズパラダイスではメーカーのブース出展のほか、カスタムバイクの展示や、カスタムビルダーによるトークショーなどを実施。 [写真タップで拡大]

モトライダースフェスタ

十国峠会場にもパーツメーカーやショップブースが展開されたほか、ヘリテイジ&レジェンズ誌による車両撮影会なども開催された。 [写真タップで拡大]

モトライダースフェスタ

加賀山さんをはじめ(左から)藤原克昭さんや原田伸也さん、新庄雅浩さん、濱原颯道さんらレーシングライダーによるトークショーも。 [写真タップで拡大]

モトライダースフェスタ

アネスト岩田スカイラウンジ、通称大観山では、MFDグループによる試乗会を開催。また、クラシックレーサーの展示なども行われた。 [写真タップで拡大]

ターンパイク会場では「サイドスタンドプロジェクト」も併催

モトライダースフェスタ

車椅子など、障害を持つ人のバイク運転をサポートしているのが一般社団法人SSP。元GPライダーで現オートの青木治親さんが代表理事を務めている。当日のターンパイクで併催され、14名が補助を受けながらのショートツーリングを堪能していた。 [写真タップで拡大]

モトライダースフェスタ

二輪業界盛り上げに日々奔走している加賀山就臣さん。当日も多忙な傍らで、記念撮影にも気さくに応じていた。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース