第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

クシタニ フルメッシュパーカージャケット K-2385 試用インプレ【安全性がさらにアップ!】

’22年の春夏で6シーズン目を迎えるクシタニのフルメッシュパーカージャケット。今年は肩と肘のプロテクターを新型とし、前作と同等の薄さながら衝撃吸収性を高めている。人気カラーはすぐに完売となるのでお早めに!


●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:長谷川徹 ●外部リンク:クシタニ



[◯] デザインは前作を踏襲。涼しさは最強レベルだ

フルメッシュパーカージャケットは、クシタニのラインナップで最も通気性が高く、さらに街着としても使えるデザインもあって非常に人気が高い。昨年は袖の形状をセットインからラグランに刷新し、さらにカジュアル感がアップした。今シーズンはそのデザインを踏襲しつつ、ラインなどの色味を変更。機能的な部部では、標準装備の肩と肘のプロテクターがCEのレベル1から2へと強化されたのがポイントだろう。

着心地は、パーカースタイルでありながらルーズではなく、独自の立体裁断によって乗車姿勢でピタリとフィットする。新型のプロテクターについては、厚み自体は前作とほぼ変わらず、肘の曲げ伸ばしや腕の上げ下げで感じる抵抗感も同等だ。

走ってみての印象は、表地のほぼ全てがメッシュなだけあって、ムラのない通気性を実感できる。これなら酷暑の中でも走っている限りは涼しいと思えるはずだ。フードについては、ループで固定していることもあってバタつきはほとんどなし。また身頃や袖など他の部分も同様であり、さすがはクシタニと言える。

別売りのウィンドブレーカーが内側に接続できるのもポイントだ。

クシタニ フルメッシュパーカージャケットK-2385

【クシタニ フルメッシュパーカージャケットK-2385】●色:黒 赤 橙 緑 白 ●サイズ:M L L/XL XL LL ●価格:3万1900円 [写真タップで拡大]

クシタニ フルメッシュパーカージャケットK-2385

エンボス加工によるメッシュ表面の模様が歴代モデルの特徴で、昨年からスラブ柄にスプレット柄が追加された。なお、肩と肘のプロテクターは新型となり、レベル1からレベル2へと衝撃吸収性がアップ。 [写真タップで拡大]

クシタニ フルメッシュパーカージャケットK-2385|フード

小顔効果を発揮するフードは、走行中のバタつきを軽減するループを装備し、さらにコードで絞ることも可能だ。裏地はコットンのチェック柄で見栄え良し。 [写真タップで拡大]

クシタニ フルメッシュパーカージャケットK-2385|タグ

中央にある赤白のラインは消臭テープだ。科学吸着反応と光触媒反応の二つのメカニズムにより気になる汗の臭いを軽減するという。 [写真タップで拡大]

クシタニ フルメッシュパーカージャケットK-2385|前面

【各種胸部プロテクターが追加可能】前合わせのフラップにはベルクロがあり、さまざまなブレストパッド(ネオレーシング/レーシング/コロイド)が追加可能だ。このフラップは一部がカーブしており、前傾姿勢が取りやすいようになっている。 [写真タップで拡大]



[△] 1100円の値上げにこれなら納得の範疇だ

プロテクターのレベルアップ、そして昨今の価格上昇ラッシュを鑑みると、1100円の値上げはむしろ据え置きと言えるほどの努力だ。

[こんな人におすすめ] 街中でも映えるカジュアルなデザインが魅力

メッシュという生地は衣料ではあまり使われないだけに、街中で見ると違和感が大きい。クシタニはそれをエンボス加工でうまく解消し、さらにチェック柄を部分的にあしらってカジュアルに。毎年人気というのもうなずけるのだ。


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース