第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

エストレヤの後継モデルはお預け

カワサキ「W250 or メグロS3」は2023年秋に登場か……インドでW175の導入を発表

カワサキインディアは、現地への新規導入モデルとしてW175を発表した。カワサキがインドでラインナップする車両で最小排気量のモデルになる。



FI化などでインドの厳しい排出ガス規制に適合した空冷177cc単気筒

すわ、W250の登場か?! と先走ってみたものの、実際にインドで発表されたのは、インドネシアやタイで販売されているW175が新規導入されるということで決着した。やはり当初のスクープ通り、W250(日本名はメグロS3になる?)は2023年秋に登場する形になりそうだ。

これまでのW175は、インドネシアやタイの排出ガス規制がそれほど厳しくないこともあって、キャブレター仕様の空冷177cc単気筒を搭載していたが、インドは欧州におけるユーロ5に近いBS6という排出ガス規制を敷いているため、このたび導入されるW175は新たにFI化などを施して環境対応を行っている。

カワサキインディアの現行モデルラインナップは、これまでオフロード競技車両を除いてニンジャ300が最小排気量モデルだった。これにW175を加えることで、カワサキはインドの200cc以下のスモールクラスで戦うための武器を手に入れることになる。10年以上も前から「インド市場はいずれ大きな盛り上がりを見せる」と言われてきたが、まさしくその時が来ていると言える現在、よりワイドレンジでモデルラインナップを揃えるべく投入されたのがW175と言えそうだ。

W175の現地価格は、スタンダードの黒が14万7000ルピー(日本円換算約25万9000円)、スペシャルエディションの赤は14万9000ルピー(約26万3000円)と発表された。

なお、詳細なスペック等は未発表だが、公開された画像から判別できる新装備はFI、フロントブレーキのABS、大型グラブバーといったところ。黒は現地販売されているW800(日本名:W800ストリート)に近いカラーリングだが、SEの赤はインド受けしそうな赤×金ラインで仕上げられている。

なお、FI化などでBS6に適合し、ABSを装備しているということは、日本への導入もしくは並行輸入も可能といえなくもない。このあたりは調査して続報をお届けしたい。

インドで発表されたW175。詳細は追って公式HPに公開されるはずだ。 [写真タップで拡大]



2023年秋に登場する? エストレヤの転生モデルがブランニュー「メグロS3」だ!

じつは、ヤングマシンのスクープ班では「KLX230のエンジンを転用したレトロバイクが登場する可能性アリ」との情報を掴んでおり、これが国内ではメグロS3としてデビューする可能性が高いと踏んでいる。

メグロS3と想定しているそのモデルは、ようするにかつての人気車エストレヤが形を変えて復活するというストーリーを背負ったもの。これがグローバルモデルとして展開する際に、仕向け地によってW250(あるいはW230?)を名乗る可能性もあるを見ている。

2024年モデルのメグロS3として本誌2022年10月号でスクープしたもの。復活したメグロの第2弾となる250cc版を想定。K3との整合性を意識してS3と仮に名付けている。モチーフはメグロ最後のモデルである1964年のメグロジュニアSG、またはS8あたりになるだろうか。エンジンはKLX230からの転用を想定。 ●CG:SRD ●予想登場時期:2023年秋以降 ●想定価格帯:60万円前後 ●デビュー可能性:60% [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース