XL750トランザルプも同じエンジンを搭載か

ホンダ新生ホーネットのエンジンは755cc並列2気筒!! 92ps/9500rpm、270度クランク、ユニカムが判明!

ホンダは欧州で、今秋のEICMAで発表予定と思われる新型ホーネットのエンジンを先行公開した。総排気量755ccの並列2気筒で、ヘッドはSOHCユニカムというアフリカツインゆずりのメカニズムを備える。最高出力は67.5kW/9500rpm、つまり約92馬力だ。

ホーネットはストリートファイターの代名詞、だから高回転パワーは外せない!

ホンダが欧州で新型ホーネットのエンジンを先行公開した! ホーネットとは、ホンダが以前に販売していた4気筒ネイキッドで、軽量スリムかつスポーティなコンセプトは、現在でいうストリートファイターの先駆けになったと言っていいだろう。

先行公開された並列2気筒エンジン。 [写真タップで拡大]

ホンダとしても、ホーネットのビッグネームは同社にとってストリートファイターの代名詞と考えており、これにふさわしいエンジンを開発するのが命題となったようだ。となれば、当然ながら高回転パワーはゆずれない。だが、現代のエンジンらしく中低速のトルクで楽しめなくては。

そんな命題に答えたエンジンが、このたび公開された全面新設計の並列2気筒エンジンだ。

排気量は755ccで、270度位相クランクからは90度Vツインと同じ点火パルスを得ることができる。ヘッドはDOHCではなく、アフリカツインと同様のユニカムを採用し、気筒あたり4本のバルブを備える。最高出力は91.8ps/9500rpm、最大トルクは7.65kg-m/7250rpmだ。

エンジン形状を見る限り、ある程度はCRF1100Lアフリカツインのスケールダウン版と言えなくもなさそうだが、けっこう気になるところも。まずカムチェーンはアフリカツインと同じく右側にあるようだが、ウォーターホースの取り回しが異なり、右側のケースカバーはどこか見慣れない形をしているような……? バランサーが入っている可能性も高いが、ヤングマシンではホーネットのエンジンがDCTを搭載する可能性もあるのではと踏んでいて、はたしてこれが関係あるものなのか……。

開発テストのプロジェクトリーダーは細川冬樹氏で、最近ではCBR1000RR-R Firebladeの開発も担当していたという方だが、欧州で配布された写真素材には、CBR1000RR-Rとともに初代CBR900RRファイアーブレードの開発者である馬場忠雄さんも写っており、『トータルコントロール』の遺伝子も想像させる。

正式発表は11月8日に開幕するEICMAで間違いないだろう。今後も先行公開される情報があるかもしれない。期待して待ちたい!

右端が細川冬樹氏。CBR1000RR-Rを取り囲む中に、初代CBR900RRファイアーブレード開発者の馬場忠雄さんの姿も。 [写真タップで拡大]

こちらはすでに公開されていたデザインスケッチだ。 [写真タップで拡大]

【動画】2022 Hornet Concept – Engine


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース