モト2では優勝経験あり!

8耐優勝の功労者でHRCテストライダーの長島哲太選手が、9月25日決勝の日本GPにワイルドカード参戦決定

●外部リンク:ホンダ

今年の鈴鹿8耐ではポールtoウィンでホンダに8年ぶりの勝利をプレゼント

ホンダレーシングは、世界耐久選手権(EWC)“コカ·コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会の優勝ライダーのひとりで、HRCのテストライダーを務める長島哲太選手が、2022年9月25日(日)にモビリティリゾートもてぎ(栃木県)で決勝がおこなわれる「2022 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第16戦 MOTUL日本グランプリ」のMotoGPクラスに「Team HRC」よりワイルドカード参戦することを発表した。

長島哲太選手は、2014年および2017年~2020年にFIMロードレース世界選手権モト2クラスにフル参戦し、2020年のカタールGPでは初優勝も飾っている。2021年からはHRCのテストライダーを務めており、現在30歳。

今夏3年ぶりに開催された鈴鹿8耐では、高橋巧選手とイケル・レクオーナ選手とともに参戦し、予選では鈴鹿8耐のコースレコードを更新する2分4秒934でポールポジションを獲得。決勝レースでも勢いは止まらず、2分6秒934のファステストラップを記録するなど速さを見せつけ、ホンダの8年ぶり通算28回目の優勝に大きく貢献している。

Team HRC 長島哲太選手のコメント

Team HRC 長島哲太選手 [写真タップで拡大]

「子供の頃からの夢であった最高峰のMotoGPクラスへ参戦することになりました。ワイルドカードで1戦だけですが、自分の実力を発揮して、チャンスをくれたHRCには結果で応えたいです。鈴鹿8耐ではテストからレースウィークを通して、思い通りの展開となり優勝することができたので、この良い流れを日本GPに繋げていきます。今年、HRCのテストライダーとして開発テストをする中で、ライダーとしてのスキルも向上したと感じているので、今の長島哲太の走りを皆さんに見ていただきたいです。精一杯頑張りますので、サーキットに来れる人もTV観戦の人も、ぜひ応援お願いします」


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース