ベスパらしい元気な加速がマル!【ベスパ スプリントS150 ABS】試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、ベスパのスプリントS150を取り上げる。

●文:ヤングマシン編集部(谷田貝洋暁) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:ベスパ

ベスパ スプリントS150 ABS 試乗ショートインプレッション

丸目ヘッドライトのイメージが強いベスパであるが、スポーティ路線のモデルには角目ヘッドライトを採用するのが慣例。現代のスプリント150ABSが搭載するのは“i-Get”と呼ばれる155ccの4ストローク3バルブエンジン。

走り出せば、キビキビとした加速が楽しめ、12インチの小径ホイールのおかげでコーナリングもクイック。ただその一方で高速道路も“なんとか”こなせるくらいのキャラクターとなっている。新型はLEDヘッドライトやフロントステアリングコラムカバーに新デザインを採用する。

VESPA Sprint S150 ABS

【VESPA Sprint S150 ABS】■全長1852 全幅680 全高NA 軸距1334 シート高790(各mm) 車重130kg(装備) ■空冷4ストSOHC単気筒 155cc 12.9ps/7750rpm 1.3kg-m/6500rpm 変速機CVT 燃料タンク容量7L ブレーキF=ディスク R=ドラム タイヤサイズF=110/70-12 R=120/70-12 ●色:青 ●価格:52万8000円 [写真タップで拡大]

VESPA Sprint S150 ABS

【ライディングポジション】シート高は790mm。ベスパらしいスクーターにしては腰高なポジションが設定されているが、シート前部がしっかり絞り込まれているおかげで踵は両足ともベッタリ着けられた。 [写真タップで拡大]

VESPA Sprint S150 ABS

155ccのi-Getエンジンには、空冷3バルブ(12.9ps)と、GTS系の水冷4バルブタイプ(14.4ps)がある。 [写真タップで拡大]

VESPA Sprint S150 ABS

伝統のスチールモノコックを採用し、ステップも“ほぼ”フラットで跨ぎやすく、コックピットには小物入れも。 [写真タップで拡大]

VESPA Sprint S150 ABS

シート下にはメットスペースに加え、ヒンジ部にホルダーも装備。後部には給油口があり、容量は7L。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ベスパ Sprint150の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ベスパ Sprint150

ベスパ Sprint150

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 47価格種別 中古車 5

本体

53.68万円

価格帯 51.15~60.5万円

本体価格

本体

41.67万円

価格帯 29.8~46.09万円

諸費用

7.27万円

価格帯 6.9~8.35万円

諸費用

諸費用

5.03万円

価格帯 7.06~7.36万円

乗り出し価格

60.95万円

価格帯 58.05~68.85万円

乗り出し価格

乗り出し価格

46.7万円

価格帯 37.16~53.15万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース