普通二輪免許で楽しめる外国車ピックアップ【扱いやすいサイズでも備えた個性は満点!】

●文:ヤングマシン編集部 ●写真:長谷川徹(一部)

“外車”と聞いて、どんなイメージが浮かぶだろうか。まんべんなく性能を備えた国産車に比べて、よくも悪くも個性の塊…といったところだろうか。その個性がどこから来るのかといえば、やはりエンジンだ。国産車にはあまりないチョイスをすることが多く、400cc以下に限っても、ここで取り上げている空冷Lツインやロングストローク単気筒、やたらハイパワーな水冷シングルなど、エンジンの設計や味付けにこだわりまくっているのが外車と言っていい。

大型バイクの場合、Lツインのドゥカティや水平対向2気筒のBMWといった具合にメーカー自身の歴史そのものの型式も多いが、そこで培った「我々が考える”優れたエンジン特性”はこうだ!」という意志やDNAが、ミドルクラスの兄弟車(それが異なるエンジン型式であっても)にも注入されている。そして、大型バイクに比べればそれがほどよい濃さにまとまっているのが”普通二輪免許”クラスなのだ。

KTM RC390

先代390デュークをベースに独特な2眼+フルカウルを与えたSS。ハイパワーと250並みに軽い車体が武器だ。ホワイトパワー倒立フォーク+ラジアルマウントキャリパーはデュークを踏襲しつつ、キャスター角やサスペンション設定は専用。フルモデルチェンジした’22モデルでは、新ライドバイワイヤーシステムを採用し、エアボックスの変更や新しいマッピングの採用でトルクを増強。スタイリングも刷新されている。

KTM RC390

【’22 KTM RC390】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 373cc 43.5ps 3.77kg-m ■車重車重155kg(乾燥) シート高824mm 13.7L ■タイヤサイズF=110/70ZR-17 R=150/60ZR-17 ●色:ブルー×オレンジ オレンジ ●発売時期:’22年春 ※諸元は海外仕様 [写真タップで拡大]
[写真タップで拡大]

KTM 390デューク

上掲したRC390のベース車。強力な単気筒エンジンをトレリスフレームに搭載し、前後WP製サスペンションで武装する。ラジアルマウントキャリパーやTFTカラーディスプレイも嬉しい装備。弟分の250/125も人気だ。

KTM 390DUKE

【KTM 390DUKE】■全長/軸距未発表 シート高830(各mm) 車重150kg(乾) ■水冷4スト単気筒 373cc 44ps 3.77kg-m 13.4L ●価格:72万9000円 [写真タップで拡大]

ロイヤルエンフィールド メテオ350シリーズ

元来、英国のメーカーだが、現在はインド資本下で現地を中心に高い人気を誇るロイヤルエンフィールド。「メテオ350」はインドで発表された新作で、349cc空油冷シングルを積むネオクラシック。日本向けは3グレード構成で、価格は59万6200円~62万2600円。鼓動感など単気筒の心地良さを感じさせつつも、全回転域を通したフレキシビリティには目を見張るものがある。ファイアーボールがSTD、ステラが上級版。スーパーノヴァは、ウインドシールドまで備える。

ロイヤルエンフィールド メテオ350

【ROYAL ENFIELD METEOR 350 SUPERNOVA】■全長2140 全幅845全高1140 軸距1400 シート高765(各mm) 車重191kg(装備) ■空冷4スト単気筒SOHC 349cc 20.23ps/6100rpm 2.75kg-m/4000rpm変速機5段 燃料タンク容量15L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=140/70-17 ●価格:62万2600円 ※諸元はイギリス仕様 [写真タップで拡大]
[写真タップで拡大]

ロイヤルエンフィールド クラシック350

ロイヤルエンフィールドはメテオ350とベースを共有するクラシック350を本国インドにて発表。伝統のスタイルを新型エンジンでも継承し、日本への導入は’22年の見込みだ。GB350のガチンコライバルになりそう。

ロイヤルエンフィールド クラシック350

【ROYAL ENFIELD CLASSIC 350】■全長2145 全幅785 全高1090 最低地上高170 軸距1390 シート高805(各mm) 車重195kg(装備) ■空冷4スト単気筒 349cc 内径×行程[72×85.8mm] 圧縮比9.5 最高出力20.2ps/6100rpm 最大トルク2.75kg-m/4000rpm 変速機5段 燃料タンク容量13L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=120/80-18 ●色:11色 ●価格:18万4374ルピー~21万5118ルピー(日本円換算約27万9000円~32万5000円) ●発売時期:’22年 ※諸元/価格はインド仕様 [写真タップで拡大]

ハスクバーナモーターサイクルズ スヴァルトピレン401

ハスクバーナモーターサイクルズ創業国・スウェーデンの言葉で”黒い矢”という意味を持つ「スヴァルトピレン」は、近未来とレトロを融合したスクランブラースタイルが特徴。優れたファンライド性能は、走りの楽しさを重視するベテランライダーさえも満足させる。

ハスクバーナモーターサイクルズ スヴァルトピレン401

【’21 HUSQVARNA SVARTPILEN 401】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 373cc 44ps/9000rpm 3.77kg-m/7000rpm ■車重152kg シート高835mm 9.5L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●価格:71万5000円 [写真タップで拡大]

ハスクバーナモーターサイクルズ ヴィットピレン401

スヴァルトピレン401の兄弟車。セパハン+スポークホイールで、ネオクラスタイルのカフェレーサーに仕立てられている。上掲した390デュークの先代モデルがベースだ。こちらは401のみだが、スヴァルトピレンには250/125が存在する。

ハスクバーナモーターサイクルズ ヴィットピレン401

【HUSQVARNA MOTORCYCLES VITPILEN 401】■全長/軸距未発表 シート高835(各mm) 車重151kg(乾) ■水冷4スト単気筒 373cc 44ps 3.77kg-m 9.5L ●価格:75万9000円 [写真タップで拡大]

ドゥカティ スクランブラーシックスティ2

空冷Lツインを搭載するスクランブラーシリーズ。1100/800ときて末弟にあたるのが399ccのシックスティ2だ。800に近い車体構成ながら正立フォークに細めのリヤタイヤ、ほどよいトルクのエンジンによる好バランスで、「スクランブラーで一番楽しいのはシックスティ2」との意見もあるほど。

ドゥカティ スクランブラーシックスティ2

【DUCATI SCRAMBLER SIXTY2】■全長2150 軸距1460 シート高790(各mm) 車重183kg(装備) ■空冷4ストL型2気筒 399cc 40ps 3.5kg-m 14L ●価格:92万円 [写真タップで拡大]

BMW G310R/G310GS

後方排気×後傾シリンダーの単気筒エンジンをスチールパイプフレームに搭載する基本構成はR/GSとも共通。倒立フォーク/ラジアルマウントキャリパー/ライドバイワイヤー/アシストスリッパークラッチなど、装備も一級品ながら、価格はG310R=63万7000円~、G310GS=70万9000円~に抑えられている。

BMW G310R

【BMW G310R】■全長2025 軸距1380シート高785(各mm) 車重164kg(装備) ■水冷4スト単気筒 312cc 34ps 2.85kg-m 11L ●価格:63万7000円~ [写真タップで拡大]

BMW G310GS

【BMW G310GS】●価格:70万9000円~ [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース