第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

3年ぶりの“青山8耐夏フェスだ!

RVF750やVTR1000SPWも! ホンダ歴代鈴鹿8体参戦マシンを見ながら8耐決勝を観戦しよう!【ウエルカムプラザ青山 パブリックビューイング】


●外部リンク:ホンダ

ホンダは、本社のある青山ビル1階・ホンダ ウエルカムプラザ青山にて、3年ぶりとなる世界耐久選手権 8時間耐久ロードレースのパブリックビューイングを開催する。

当日はレース観戦だけでなく、イベントステージや鈴鹿8耐参戦車両の展示、フードテラス、縁日なども予定しているという。入場は無料だ。

詳細情報が決まり次第、ホンダ公式HPでお知らせするとのこと。

また、8月1日~7日には、ホンダの歴代鈴鹿8耐参戦車両が展示される。伝説級のマシンを目の当たりにできるぞ!

【開催日時】

鈴鹿8耐参戦車両展示:2022年8月1日(月)~8月7日(日)

鈴鹿8時間耐久ロードレース 決勝 パブリックビューイング:2022年8月7日(日) 10:00 ~20:00

【展示車両】

■ 歴代鈴鹿8耐参戦車両

■1992年 優勝 #11 RVF750 ■ワイン・ガードナー/ダリル・ビーティー [写真タップで拡大]

■1997年 優勝 #33 RVF/RC45 ■伊藤 真一/宇川 徹 [写真タップで拡大]

■1998年 優勝 #33 RVF/RC45 ■伊藤 真一/宇川 徹 [写真タップで拡大]

■2001年 優勝 #11 VTR 1000SPW ■バレンティーノ・ロッシ/コーリン・エドワーズ/鎌田 学 [写真タップで拡大]

■2004年 優勝 #7 CBR1000RRW ■宇川 徹/井筒 仁康 [写真タップで拡大]

■2010年 優勝 #634 CBR1000RR ■清成龍一/高橋巧/中上貴晶 [写真タップで拡大]

■CBR1000RR-R FIREBLADE SP(HRCカラーリング) ※8月1~2日の展示は無し [写真タップで拡大]

■ 2022年鈴鹿8耐参戦車両

※以下、公式リリースより関連情報

【8月7日(日)“青山8耐夏フェス” 鈴鹿8耐決勝レース パブリックビューイングについて】

  • 会場1階の大型ビジョンではレースのスタート・ゴールの時間帯のほか、ステージイベントの合間に中継映像を放映します。
  • 会場2階の75インチモニターでは、スタートからゴールまで中継映像を放映いたします。
  • 会場1階は基本的にはスタンディングでの観戦となります。会場2階にはお座席を設置しています(先着順)。

【注意事項】

  • 館内混雑時は入場制限を行う場合がございます。
  • イベント当日、青山ビルの駐車場はオートバイのみ駐車いだけます。
    4輪は駐車できません。なるべく公共交通機関でのご来場をお願いいたします。
  • 館内カフェおよびフードテラスで販売されている商品以外の飲食物のお持ち込みはご遠慮ください。
  • 贈与物の持ち込みはお断りします。
  • イベント開催日の館内での配信及び中継行為はお断りします。

【感染症対策】

  • ご来場前に、検温など体調管理のご協力をお願いいたします。
  • 発熱、咳などの症状がある場合は、体調を最優先いただき、ご来場を控えていただきますようお願いいたします。
  • 館内では必ずマスクを着用し、手洗いや館内各所に設置しております消毒液のご使用、咳エチケットのご協力をお願いします。
  • 整列時や入退館時のソーシャルディスタンスの確保など、感染予防および拡散防止に可能な限りご配慮ください。
  • 過去1週間以内に海外渡航歴がある場合は、ご来場を控えていただきますようお願いいたします。
  • ご入場の際に検温を実施しております。検温の結果、37.5度以上の発熱が確認された場合、ご入場をお断りさせていただきます。

※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース