2019年から運行で初のお色直し

天浜線『KATANA ラッピング列車』がユーロ5に適合?! より大胆な新色にリニューアル!

スズキと天竜浜名湖鉄道のコラボレーションにより、2019年9月15日から運行している天浜線『KATANA ラッピング列車』が新色にリニューアルされた。新排出ガス規制の2022年モデルをベースとしたカラーを採用しているだけでなく、車内には2021年にリリースされた限定の赤カタナもあしらっている。

フルーツパーク【KATANA】駅と合わせてカタナの聖地に

スズキのバイクと天竜浜名湖鉄道の電車がコラボレーションするという試みで2019年9月15日より運行がスタートした天浜線『KATANA ラッピング列車』が新色にリニューアルされた。この「KATANAラッピング列車」は、新「KATANA」プロモーションの一環として企画されたもの。スズキの二輪デザイン部がデザインし、車両全体をカタナの画像でラッピングしたもので、片面ずつ異なるデザインが施され、両側から楽しめるのが特徴だ。

天浜線|KATANA ラッピング列車

ミステイックシルバー [写真タップで拡大]

天浜線|KATANA ラッピング列車

マットステラブルー [写真タップで拡大]

当初の運行予定は2年間だったが、2021年12月に天竜浜名湖鉄道「フルーツパーク駅」の副駅名として「KATANA(カタナ)」の名称が採用されたことにともない、ラッピング列車の運行期間も延長。そしてKATANAがマイナーチェンジされたことを受け、ラッピング列車もニューカラーを纏うことになったわけだ。

片面には、ミステイックシルバーのKATANAを、反対面にはマットステラブルーのKATANAをレイアウトすることで、躍動感のある背景グラフィックと合わせKATANAの持つ鋭い切れ味を表現している。

天浜線|KATANA ラッピング列車

車内には100台限定で発売された赤KATANAの姿も。 [写真タップで拡大]

2022年2月25日に発売されたKATANAの2022年モデルは、令和2年国内排出ガス規制(欧州のユーロ5に相当)に適合しながら最高出力を向上したほか、クイックシフター装備をはじめ、電子制御もアップデートを受けた。新色として追加されたのはマットステラブルーメタリック(青)で、ミスティックシルバーメタリック(銀)は従来から継承しているが、足まわりは新たにアウターチューブをゴールドとした倒立フロントフォークと、それぞれの車体色に合わせたシルバーまたはゴールドのホイールを採用している。

天浜線のKATANAラッピング列車は、新所原駅~掛川駅間を運行する。KATANA駅のネーミングライツが2024年3月31日までとなっていることから、少なくとも同時期までは運行が続きそうだ。カタナの聖地としてユーザーが訪れるだけでなく、「KATANA Meeting」のリアルイベントが再開されれば、さらなる注目を集めることになるだろう。

その他のディテール写真はコチラ


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース