倒立フォーク&ホイールも新色に

クイックシフター装備! スズキ「KATANA」が新排出ガス規制に適合しながらパワーアップ

スズキは、2018年のインターモトで発表され、2019年に発売された現代の「KATANA」に初のマイナーチェンジを施し、2022年2月25日に発売すると発表した。令和2年国内排出ガス規制に適合し、最高出力はむしろ向上。クイックシフター装備をはじめ、電子制御もアップデートを受けている。

●外部リンク: SUZUKI

電子制御スロットルを採用し、ムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新搭載

スズキは、マイナーチェンジでアップデートを受けた2022年モデルの「KATANA」を発表した。伝説のGSX1100Sカタナのシャープなスタイリングを現代によみがえらせたKATANAは、角型のLEDランプやスイングアームマウントのナンバープレート&リヤウインカーなどにより、新しい「KATANA」のカタチを提案している。

2018年秋のインターモトでアンベールされ、日本で発売されたのは2019年5月30日。最初はシルバーとブラックのラインナップだったが、赤い車体に金色のフォーク&ホイールなどを装備した特別色を2021年に限定発売した。今回は初めてのマイナーチェンジということになる。

主な変更点はエンジン&電子制御まわりだ。令和2年国内排出ガス規制に対応するため、電子制御スロットルを採用して排ガスのクリーン化を図り、同時に最高出力は2psの向上を実現。電子制御システムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム=スズキの電子制御スロットルシステムの総称)を新たに搭載し、より扱いやすく、かつスポーティなライディングを実現する。出力特性を3つのモードから選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)や、選択幅を広げ5段階から選択可能となったSTCS(スズキトラクションコントロールシステム)、クラッチレバーを操作しなくてもシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステムなどを採用した。

新色として追加されたのはマットステラブルーメタリック(青)で、ミスティックシルバーメタリック(銀)は従来から継承しているが、足まわりは新たにアウターチューブをゴールドとした倒立フロントフォークと、それぞれの車体色に合わせたシルバーまたはゴールドのホイールを採用している。

名作と言われた2005年型GSX-R1000(通称 K5)から受け継いだ素性のいい並列4気筒エンジンは、従来型同様にアシスト機能とスリッパ―機能を備えたクラッチシステムや、スズキイージースタートシステム、ローRPMアシスト機能を備える。フロントブレーキにはブレンボ製ラジアルマウントキャリパーを装備し、ABSはボッシュ製だ。

価格は従来から6万6000円アップの160万6000円、発売日は2022年2月25日。

SUZUKI KATANA[2022 model]

主要諸元■全長2130 全幅820 全高1100 軸距1460 シート高825(各mm) 車重215kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 150ps/11000rpm 10.7kg-m/9250rpm 変速機6段 燃料タンク容量12L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●価格:160万6000円 ●色:銀、青 ●発売日:2022年2月25日

SUZUKI KATANA[2022 model]

SUZUKI KATANA[2022 model]ミスティックシルバーメタリック(BCX) [写真タップで拡大]

SUZUKI KATANA[2022 model]

SUZUKI KATANA[2022 model]ミスティックシルバーメタリック(BCX) [写真タップで拡大]

SUZUKI KATANA[2022 model]

SUZUKI KATANA[2022 model]マットステラブルーメタリック (YUA) [写真タップで拡大]

SUZUKI KATANA[2022 model]

SUZUKI KATANA[2022 model]マットステラブルーメタリック (YUA) [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース