第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

イタルジェット ドラッグスター200 ディテール解説【注目のインディペンデントステアリングシステムとは?】

イタルジェット ドラッグスター200

イタルジェットのドラッグスターシリーズが現代に復活! ’95年の発売当時から独自メカニズムを搭載してきた同シリーズだが、やはり目を引くのは、ビックリドッキリメカの「インディペンデントステアリングシステム(I.S.S.)」。本記事では注目のI.S.S.を中心に、ドラッグスターの詳細を解説する。


●まとめ:ヤングマシン編集部(谷田貝洋暁) ●撮影:長谷川徹 ●取材協力:金城IVY Racing ●外部リンク:MVアグスタ

イタルジェット ドラッグスター 詳細解説

スタイリング

イタルジェット ドラッグスター200|スタイリング

【’21 ITALJET DRAGSTER 200 FIRST EDITION】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 181cc 17.7ps/8000rpm 1.58kg-m/7750rpm ■124kg(乾燥) シート高770mm 9L ■タイヤサイズF=120-70-12 R=140-60-13 ●色:アンスラサイト×ホワイト×レッド アンスラサイト×イエロー ブラック×グレー ブラック×マグネシウム(FIRST EDITION限定カラー) ●価格:75万9000円 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|スタイリング

国内への輸入はMVアグスタジャパンが行う。ファーストエディションのマットブラック×ブロンズは完売したが、赤×白×黒/黄×黒/赤×黒などが順次登場する。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

イタルジェット ドラッグスター200|ライディングポジション

小径ホイールのおかげで770mmとシートが低く、シートもスリム化されているおかげで足着き性はいい。両足の踵までべったりついて、なおかつ膝にも余裕がある。上半身はややコンパクトだ。[身長168cm/体重61kg] [写真タップで拡大]

インディペンデントステアリングシステム(I.S.S.)

ブレーキをかけた際、大きくノーズダイブしてキャスター角やトレール量が変わり、それがコーナリング時の挙動変化となって現れるのが、一般的なテレスコピックフォーク。この弱点を克服するために、ステアリングとサスペンションの機構を分割する、というのがハブステアリングの根幹の考え方。イタルジェットのI.S.S.も、もちろんハブステアリングの一種であり、走行時のフロントノーズダイブをはじめとするピッチングモーションが極端に少ない。ドラッグスターシリーズの歴代モデルには、このI.S.S.が搭載されている。

イタルジェット ドラッグスター200|インテリジェントステアリングシステム

上部から伸びるリンクがステアリングを司り、車体左側の片持ちスイングアーム状のパーツが懸架及びショック吸収を担当。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|インテリジェントステアリングシステム
イタルジェット ドラッグスター200|インテリジェントステアリングシステム

【狙いはステアリングとサスペンションを切り離すこと】ハンドルを操作すると、スイングアーム状のパーツは動かず、タイヤだけが左右に動く。たくさんのリンクを介すからだろう、一般的なテレスコピックのように”カツン”という切りきった感はない。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|インテリジェントステアリングシステム

フロント12インチの小径ホイールながら、17インチホイールのような高いコーナリングフィールを生み出すI.S.S.。タイヤのグリップに頼るため扁平率を低くし、接地面を稼いでいるようだ。 [写真タップで拡大]

シャーシ&足まわり

イタルジェット ドラッグスター200|フレーム

メインフレームには、先代と同様にトレリスフレームを採用。カバー類がないからだろう、跨いでみるとセンタートンネル部分は意外と低めに感じる。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|サスペンション

ユニットスイング式だが、リヤショックはモノサスペンション仕様。右上の左右で貫通している円柱はデザイン的なもので、やや後方にタンデムステップがある。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|サスペンション

ショックユニットはセンタートンネル部に格納。プログレッシブ効果が使えるので初期で柔らかく、奥で踏ん張るキャラクターも作りやすい。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|リヤまわり

レギュレートレクチファイヤ/ECU/フューエルポンプなどをあえて見せるデザインが新鮮。2ピストンのリヤキャリパーはブレンボのいわゆる”カニ”。 [写真タップで拡大]

主要装備

イタルジェット ドラッグスター200|フロントまわり

先代ドラッグスターとはデザインがまったく異なるものの、スリットが入れられたグリルは踏襲。ヘッドライトなどの灯火類はフルLED仕様だ。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|ハンドル

セパレートハンドルを採用するスポーティなハンドル。ゴールド風カラーが目を引く、ブラック×マグネシウムカラーはファーストエディションのみの仕様。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|メーター

小ぶりなメーターは、デザイン優先といった感じで、文字も小さめ。表示内容は速度/時計/燃料計/トリップA/Bなど、機能的には必要にして十分。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|ハンドルまわり

ウインカーは、前後ともに流れる4灯のシーケンシャルタイプ。フロントはレバーガード内蔵式となっている。ブレーキホースはステンレスメッシュ。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|フロントまわり

収納式のキーハウジングもトラスデザイン。イグニッション上部にはUSBソケットを備え、左側の丸いビレットパーツは冷却水のキャップになっている。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|シート

硬質でスポーティにまとめ上げられたシートは、ステッチもマグネシウムカラーで統一。パッセンジャーシートは、見た目に反して意外に居住性が良い。 [写真タップで拡大]

イタルジェット ドラッグスター200|シート下スペース

デザイン優先でシート下スペースはほぼ皆無。ETC車載器とウエスくらいは入るが雨具は入らないといった程度。赤いキャップは診断プラグ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース