第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

快適装備でロングランも楽々?!

ムルティストラーダで探す「美しい日本の春」! ヤンマシチームの”冒険旅”レポート【中編:西伊豆〜京都】

ムルティストラーダで探す「美しい日本の春」【中編:西伊豆〜京都】

ドゥカティが4月20日まで参加者を募集している「ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ」。一般ライダーがムルティストラーダV4Sに乗り、美しい日本の風景と出会うアドベンチャートリップに出かける、というイベントだ。今回、ドゥカティから「一般ライダー向けのトリップを開始する前にヤングマシンも参加してみませんか」というお誘いがあった。ここでは計3日に及んだヤンマシチームの冒険旅の内、2日目の模様をレポートしよう。


●文:ヤングマシン編集部(ヤマ) ●写真:澤田和久/ドゥカティ ●外部リンク:ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ

【2日目】静岡県から一気に京都府へ!

ドゥカティが実施している「ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ」。募集したライダーにムルティストラーダV4Sを貸与し、美しい日本を再発見するアドベンチャートリップに出かけてもらおう、というイベントだ。

一般向けのルート開始前、栄えある「ルート1」について参加のお声がけをいただいたヤンマシチームの冒険旅は、2日目。なおルート1の日程は3月24日〜25日(結果的に26日まで滞在)であり、1日目は東京を出発し堂ヶ島で1泊。

日本の春、美しい風景といえば、思いつくのは桜だろう。2日目は1日目に撮れなかった、ソメイヨシノの写真を是非収めたい。しかしこの日の内にゴール地点である京都まで行かねばならず、できれば新東名にのる前、静岡県内で撮りたいところ。どこかキレイなスポットがないかと探してみると、狩野川さくら公園が候補に上がった。

ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ 給油中

給油や休憩の際に、地元の方に撮影スポットを教えてもらうのも醍醐味。 [写真タップで拡大]

桜並木の道は、つい走りたくなる美しさ

狩野川さくら公園は伊豆の国市にある公園で、その名の通り桜並木がキレイなことで知られている。ムルティストラーダで宿を出て、桜を探しながら向かったのだが、道中のソメイヨシノは「2〜3分咲き」といった感じ。もう少し咲いていてほしい! と桜を探しながら結局、狩野川さくら公園まで着いてしまった。おおっ、結構咲いている!

ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ 狩野川さくら公園

[写真タップで拡大]

ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ 狩野川さくら公園

川沿いの道路両側に桜が咲いており、とてもキレイ。土手ではキャッチボールを楽しむ家族連れなどもいて、なんだかほっこり。 [写真タップで拡大]

桜並木の道を走ると「春が来たんだなぁ」となんだか感慨深いものがあり、何度か往復してしまった。ちなみにソメイヨシノは5〜6分咲きといったところで「あと数日で、もっとキレイになるよ!」とは地元の方。

ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ 狩野川さくら公園
ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ 狩野川さくら公園

この日はとても暖かく、桜は5〜6分咲きでも十分に「春」を感じられた。 [写真タップで拡大]

願成就院にて、満開のソメイヨシノに出会う

その後も駐車場にバイクを停め、もっとキレイに撮れそうな場所がないかとウロウロしていると、別の地元の方に「願成就院なら満開だよ! 昨日、ウチらはそこでお花見をしたんだ」と教えてもらった。見ず知らずのバイカーに……みなさんお優しい! 色々教えていただき、本当にありがとうございます。

聞けば、願成就院はすぐ近くだという。早速カメラマンとともに向かうと、満開のソメイヨシノに出会うことができた。

ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ 願成就院

願成就院は高野山真言宗のお寺で、かの運慶作の仏像も安置。現在の本堂は再建されたもので、元々の本堂があった場所に、桜は咲き誇っていた。 [写真タップで拡大]

新東名で、いざ京都へ!快適装備に感動

さて、ゴール地点であるドゥカティ京都までは400km弱。適宜休憩を取りつつ、歩を進めねばならない。新東名を使って京都に進むのだが、とくに便利だった機能を紹介しておきたい。ムルティストラーダV4には長旅も楽々こなす、快適装備が盛り沢山なのだ。

まずはクルーズコントロール。これ、一定速ではなく前車に追従するタイプ。筆者はクルマにて同機能を試したことは多々あるのだが、結構唐突な動きをする車種もある。しかしムルティストラーダV4については、ごく自然な挙動。加速も、減速も、ライダーが不快に感じることなくスムーズに行ってくれる。正直、この機能になれてしまうと他のバイクで長旅はできないかも?!

右手側のスイッチひとつで起動するグリップヒーター、左手のスイッチ&メーターパネルで設定可能のシートヒーターも、この旅のマストだったアイテムに加えておこう。

ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ スイッチ

クルコンのスイッチは左側に。オン→セットでクルーズ開始。上下スイッチで速度の設定変更が可能だ。 [写真タップで拡大]

スマホと連携するコネクト系の機能も非常に便利。同機能を搭載しながら、日本の地図に対応していない外国車も多い中、こいつは日本の地図にも対応。タンクに充電可能な「スマホ入れ」まで用意しているから、知らない土地での旅も安心なのだ。

ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ ナビ画面

スマホとの接続はブルートゥース及びWi-Fiとなり、無線での使用が可能。目的地の設定のほか、連絡先の検索や電話番号の入力、お気に入りの音楽の再生などといった操作もできるぞ。 [写真タップで拡大]

ロングツーリングの助けとなった装備はほかにもある。当日は風が強かったので高さ調整ができるスクリーンは重宝したし、後方用レーダーは車線変更時のストレスを大幅に軽減してくれた。

ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ スクリーン

スクリーンは手動で簡単に高さを変えられる。写真は愛知県の刈谷ハイウェイオアシスで、なんと観覧車まである! [写真タップで拡大]

ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ 後方用レーダー

後方用レーダー搭載でブラインドスポット検知機能を採用。左右後方に車両がいると、ミラー部がオレンジに光り警告。ロングツーリングではストレス軽減に◎。 [写真タップで拡大]

いよいよゴール! と思いきやまさかの……

こうして多少の渋滞に巻き込まれたりしつつも無事18時頃、京都府京都市・伏見区にあるドゥカティ京都へ到着した。お店の方々の歓迎を受け、感動のフィナーレ。ヤンマシチームのアドベンチャートリップはこれにて終了。

……ちょっと待て。無事京都に着いたのはいいものの、全然京都らしい風景は撮影できていない。もちろんバトンを渡す次のメディアも京都で撮影はするのだろうが、われわれだって美しい写真を収めたい(あといろいろ京都らしい風景を見たい)。

ということで、ドゥカティジャパンとドゥカティ京都にお願い。そう、まさかの”+1日おかわり延長戦”となったのだった!(後編へ続く)

ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ ゴール
ムルティストラーダ ディスカバージャパントリップ ゴール

ドゥカティ京都にて、先に到着していたドゥカティジャパンのマッツ社長ら”ドゥカティチーム”とともに、歓迎を受ける。ちなみにこちらのお店の運営母体はカスノモーターサイクルだ。次のメディアに貸す前に、一度点検などするそう。ありがとうございました。
ドゥカティ京都
住所:京都市伏見区横大路朱雀11-5
電話:075-611-1000
定休日:毎週火曜日(第1・3・5水曜日)、第2土曜日 [写真タップで拡大]

あなたも参加しよう!美しい日本を探す冒険旅行

前述の通り、ドゥカティは一般ライダーの参加も募集中だ。募集ルートは4つあり、まずは希望のルートをエントリーフォームから応募。なお大型バイク&免許保有、自身のSNS公開アカウントを持っていることが条件となる。 

【募集ルート】

  • ルート7 : 5月13日(金)~15日(日)/ドゥカティ東名横浜〜群馬経由〜ドゥカティ新潟
  • ルート8 : 5月20日(金)~22日(日)/ドゥカティ新潟〜福島経由〜ドゥカティ仙台
  • ルート9 : 6月3日(金)~5日(日)/ドゥカティ仙台〜青森経由〜スナダオート(函館)
  • ルート10 : 6月10日(金)~12日(日)/スナダオート(函館)〜洞爺湖経由〜ドゥカティ札幌

その後は地元の有名観光地にて、自身のバイクを撮影した写真をハッシュタグ #YourLifeAdventureJP と #バイクのある人生はいつも冒険 を付けて投稿することで、応募完了となる。 応募は4月20日まで。

各ルートごとに写真審査が行われ、選ばれた方合計4名が実際のトリップに参加。ムルティストラーダV4S貸与のほか、2泊分宿泊+夕食費、高速&ガソリン代、出発地まで&到着地から自宅最寄り駅までのチケットも提供される。

参加しなくても、日本の各地で撮影される魅力的な写真を通じ、アドベンチャートリップの素晴らしさをオンラインでバーチャル体験できるというイベント。各ルートでアップされた写真は、各SNSにてハッシュタグ #MultistradaAdventureJapan をチェックだ。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース