チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ウエス・クーリーさん追悼のためにもぜひ……

市販化熱望!! アライ「ラパイドNEO」の参考出品カラーは『クーリーレプリカ』だっ!【東京MCショー】

バイク人気、レース人気が高まった1970~1980年代、トップライダーのヘルメットは少ない色数でシンプルなデザインゆえに、ファンならずともひと目でわかる認知度の高さがあった。そんな往年の名ライダーのひとりであるウエス・クーリー選手のレプリカ・カラーにペイントされたラパイド・ネオが参考出品されていた。青春時代を思いだす一品だけに、製品化を熱望!

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司) ●写真: ヤングマシン編集部 ●外部リンク:アライヘルメット

30年の時を超えてクーリーレプリカ登場か!?

アライヘルメットのブースでひときわ目を引いたのが、ジャンルを問わず様々なバイクにマッチするベーシックでシンプルなフォルムのラパイド・ネオ(RAPIDE NEO)のコーナーに展示された「クーリー・レッド(COOLEY RED)」と「クーリー・レッド(COOLEY BLUE)」。古くからのバイクファンはご存知、ヨシムラジャパンの創始者であるポップ吉村氏が見い出し、AMAスーパーバイクや鈴鹿時間耐久レースで大活躍した名ライダー、ウエス・クーリー選手のヘルメットグラフィックを見事に再現している。

じつはアライでは1980年代中頃に、ウエス・クーリーレプリカを販売しており、当時も人気を集めた。そこで最新のラパイド・ネオで再販!……と思いきや、現時点ではアライヘルメットの企画担当者の熱意によって生まれた参考出品モデルだ。

近年のレーシングライダーのヘルメットは多彩なカラーで先鋭的なデザインが主流。もちろんアライも最高峰のレーシングモデルRX-7Xには、それらのレプリカモデルも用意するが、1970~1980年代頃のトップライダーの「わかりやすいグラフィック」が心に残るライダーも多いはず。このヘルメットで現行KATANAやGSX-Rに乗ったら、ライダーの属性が一発でわかる。

また、当時を知らない若いライダーにとっても、シンプルな色遣いやグラフィックが新鮮に感じられているようだ。そして、そんなカラーやグラフィックは、ラパイド・ネオの帽体デザインやフォルムと非常に相性が良いように感じる。

今回の展示で反響が大きければ発売の可能性も少なくないとのことなので、往年のクーリー選手のファンも、「クーリーさんは知らないけどカッコいい!」と感じたライダーは、ぜひアライに販売要望の声を届けよう! 惜しまれながら昨年2021年10月に亡くなったウエス・クーリー氏の、追悼モデルとしても意味あるものになると思うから……。

ラパイド・ネオ「クーリー・レッド」参考出品

ラパイド・ネオ「クーリー・レッド」参考出品

赤ベースに青ラインのカラーは、AMAスーパーバイクで活躍していた時のイメージが強い。 [写真タップで拡大]

ラパイド・ネオ「クーリー・ブルー」参考出品

ラパイド・ネオ「クーリー・ブルー」参考出品

青ベースは鈴鹿8耐でヨシムラに勝利をもたらした時代のイメージカラー。 [写真タップで拡大]

洒落た海外モデルも展示

ラパイド・ネオ「ドリーム・ブルー」参考出品
ラパイド・ネオ「ドリーム・ブブラウン」参考出品

こちらもラパイド・ネオで、海外で販売しているマット仕上げのドリームブルー(DREAM BLUE)と、グロス仕上げのドリームブラウン(DREAM BROWN)を参考出品。モダンクラシックやアメリカンにも良く似合うグラフィックだけに、こちらも国内販売を希望! [写真タップで拡大]

アストロGXもド派手仕様を参考出品!

アストロGX 参考出品
アストロGX 参考出品

アライ初の前頭部ベンチレーションを装備したオールラウンドモデルのアストロGX(ASTRO-GX)に、多くのMotoGPライダーのヘルメットのデザインを手掛けるアルド・ドゥルディ氏が率いる「ドゥルディ・パフォーマンス」の派手なグラフィックモデルを参考出品。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームかっこよ! 超クール原付二種『モンディアル』125軍団参上、日本限定の250もあるぞ【東京MCショー】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース