チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

DAINESE Topics.008|RIDE HI

1着のオフロードパンツから、4つのパリダカールラリータイトル獲得まで

1972年、若き日のリノ・ダイネーゼは、レザー製品に情熱を傾け、プロフェッショナルを守ることができる、世界でもっとも先進的なモーターサイクル用品を生み出した。初のダイネーゼ・ライダーは、リノ・ダイネーゼ自身。リノは、ヴィチェンツァの丘でダートバイクを楽しむために、自分でモトクロスパンツを作ったのだ。それがすべての始まりだった。

偉大なラリーの数々

その後、パリ・ダカールやアフリカン・ラリーなど、プロのライダーがより厳しい試練に挑む、もっとも過酷なレースが開催されるようになった。

人を寄せ付けない過酷な環境の中で、何千キロもの距離を走った先、“到達不可能な場所”に到達するための手段を、才能あふれる男たちに与えることが目標だった。

エディ・オリオリ、フランコ・ピッコ、アレッサンドロ ‘チーロ’ デ・ペトリなどは、ダイネーゼの装備に守られながら、荒々しく遠い国を制覇した偉大な人物だ。

伝説的なダカールから、砂丘とピラミッドの中で行われるエジプトの卓越したレースであるファラオズ・ラリー。

そのような状況では、優れたプロテクション・ジャケットが、彼らを優位に立たせてくれる。単なる衣服ではないのだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム【MCショー】幻の8耐マシンを再現! ヤマハ「YZF-R7」用YAMALUBE外装セット、8月に限定発売
WEBヤングマシン|新車バイクニュース