海外SNSで目撃情報あり!?

ロイヤルエンフィールドが新型スクランブラーを間もなく発表?! ヒマラヤのシンプル版か

ロイヤルエンフィールドは、インド本国の公式HPで「Royal Enfield New Motorcycle Launch 2022|Ready & Set」としたディーザーページを公開し、同時に各SNSでも6秒の動画を展開した。アドベンチャーモデル「ヒマラヤ(Himalayan)」のスクランブラー版と見られ、正式発表は2022年3月15日とされている。

メテオ350、クラシック350に続くブランニューモデルか

『Royal Enfield New Motorcycle Launch 2022|Ready & Set』より。街乗りからツーリングまで幅広く使えそうだ。 [写真タップで拡大]

ロイヤルエンフィールドの動きが活発だ。ミドルクラス単気筒クルーザーのメテオ350を日本で発売したと思えば、同車とベースを共有するニューモデルとして、ロイヤルエンフィールド伝統のビッグネームを冠したクラシック350を正式発表。日本でもこの3月に発売される予定になっている。

クラシック350の日本仕様を正式発表した際のオンライン発表会では、「これから四半期毎にニュースを届けられるだろう」といった旨のコメントもあり、次作に期待していたところ、早くも2022年3月15日にニューモデルを発表するという予告ティーザーが開始されたのだ。

じつは海外のSNSを中心に、この新型バイクはユーロ5モデルが登場したばかりの「ヒマラヤ(Himalayan)」をベースとしたスクランブラー版、その名も「Scram 411」であるとの未確認情報が飛び交っている。車名がその通りならばスクランブラー=Scramblerを転じてScramとしたであろうことが推察できるが、公式動画にはあくまでも車影だげが映し出されているだけ……。その短い映像からわかるのは、ヒマラヤのようなスクリーンはなく、ネイキッドスタイルに近いように見えること。シート高は極端に低くはなく、リヤサスペンションはモノショック。また、前後ホイールサイズにそれほど差異はないように見えることから、ヒマラヤの前21/後17インチから前18/後17インチ等に変更されている可能性もある。

ちなみに、ベースになると思われるヒマラヤは、丸眼1灯のレトロスタイルが特徴のアドベンチャーモデルで、単気筒マニアも納得の鼓動感と扱いやすさ、そして南極を走破したタフネスでも知られている。タンデム走行の快適性も意外なほど高く、411ccという大型二輪扱いになるニッチさを差し引いても、多くのライダーに触れてみてもらいたい1台だ。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース