バイク専門クラウドファンディング型ECサイト『2輪市場 by ヤングマシン』始動!!【まずはハンターカブカスタム】

ヤングマシン編集部は、バイク業界初*の、バイク関連アイテムに特化したクラウドファンディング型ECサイト『2輪市場 by ヤングマシン』をオープンしました。(*当社調べ)

●文:ヤングマシン編集部

バイク業界初! バイクファンのためのクラウドファンディングサイト

新しいネットショッピング(EC)のカタチとして定着しつつある、クラウドファンディング。バイク関連でも、電動バイク/カスタムパーツ/アパレルウェアなど、一般的な商品流通とは異なる経路で、個性的で夢のあるアイテムが続々登場し、市場を賑わせています。

[写真タップで拡大]

そこでヤングマシン編集部では、より自分らしいバイクライフを楽しみたいバイクファンと、そんなバイクファンに喜んでもらえる製品/サービスづくりを目指す2輪関連メーカー等とを繋ぐために、バイク関連アイテムに特化した、バイク業界初のクラウドファンディング型ECサイト『2輪市場 by ヤングマシン』をオープンしました。

その初号プロジェクトとして世に出すのは、現在人気絶好調のホンダCT125ハンターカブ関連パーツ。街乗り/ツーリング/キャンプ/オフロード、どこへでも繰り出せるオールマイティな1台をスペシャル仕様に仕上げるカスタムリヤサスペンションを、ヤングマシンファミリーの『モトメカニック』編集部がご用意しました。

初号プロジェクトはハンターカブのカスタムリヤサス!

スーパーカブをベースに、アップマフラーやブロックタイヤを装備してトレール性能を高めた原付二種バイク=ホンダCT125ハンターカブ。街乗り/ツーリング/キャンプ/オフロード、どこへでも繰り出せるオールマイティさがウケているのは周知のとおりです。

さて、当プロジェクトの主題であるCT125ハンターカブのリヤサスペンションにつきまして。ハンターカブに装着されている純正のリヤサスペンションは動きも良いし、高負荷をかけても底づきしない、オールマイティな逸品です。

でも、モトメカニック編集部の一員・ミヤシの使い方だと「帯に短し、たすきに長し」というか…。愛用のキャンプ道具をフルに積み込むと重さでふらふらしたり、荷物を降ろし林道走行をすると、フロントサスに比べてリヤサスの動きが渋かったり…。

普段使いや林道ではしなやかに動き、キャンプ用品満載時には、安定性を保ち、路面をしっかり追従してほしい。せめてプリロードの調整をしたいと考え、特注仕様のサスペンションを獲得すべくメーカーにお願いをしました。

[写真タップで拡大]

カスタムのベースとしたのは、鮮やかなオレンジ色がアイコンカラーとなる「アラゴスタモーターサイクルサスペンション」。オランダのメーカーですが、企画開発/組み上げは日本のMototech.LLC MTLデザイン事業部が手がけます。組み合わせるスプリングは日本製の「Swift(スイフト)」。適合車種を網羅するのではなく、販売店/個人からのオーダーでサスを組み上げるのが特徴的なこの製品、用途に合わせて以下の仕様をご用意しました。

  • 【高荷重仕様】荷物を満載したいロングツアラー&キャンプユーザー向け
  • 【オフロード仕様】林道走行を楽しみたいオフロード好き向け
  • 【オフロード・スポーツ仕様】コース走行でよりシビアに走りたい方向け
  • 万能仕様
  • スプリング2セット仕様

このプロジェクトの誕生秘話/裏話諸々については、これから当サイトにて連載(全5回)する予定ですので、合わせてお楽しみください。

アナタの欲しいモノ・作りたいモノ、実現するかも!

今後、ヤングマシン編集部では、この『2輪市場』を舞台として、バイクファンが「こんなモノ/コトがあったら欲しいなぁ」と思うことや、メーカー/サプライヤー等が「こんな製品/サービスを作って世に出してみたい」と思うことを、実際にカタチにするお手伝いをできればと考えています。随時アイディアを募集しますので、下のフォームにてお寄せください。

では、『WEBヤングマシン』と同様に、『2輪市場 by ヤングマシン』もご贔屓くださいますよう、どうぞよろしくお願いします。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース