ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

ちっちゃくてもガチ! ヤングライダーのバイク世界選手権「ミニGPワールドシリーズ」日本で初開催

ヤングライダーのバイク世界選手権「ミニGPワールドシリーズ」

10歳~14歳のヤングライダーを対象とするオートバイの国際レース「FIMミニGPワールドシリーズ」の日本シリーズが’22年に初開催されます。

ねとらぼ交通課

FIMミニGPワールドシリーズは、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が「Road to MotoGP」プログラムの新たな取り組みとして、未来のモトGPライダーを目指す10歳~14歳のヤングライダー向けに’21年に新設された国際レースです。

ミニGPワールドシリーズの様子 [写真タップで拡大]

「Ohvale(オバーレ) GP-0 160」のワンメイクレース [写真タップで拡大]

参戦マシンは10インチタイヤ+160ccのイタリア製ミニバイク「Ohvale(オバーレ) GP-0 160」を使うワンメイク。タイヤはピレリ、潤滑油はモチュールとする共通仕様です。マシンや競技/技術規則などのレギュレーションは世界共通。世界のヤングライダーがイコールコンディションで挑み、バイクレースの最高峰=モトGP世界選手権に向けたスキルアップとチャンスをつかめます。

開催初年度の’21年は、アルペアドリア/北米/フランス/アイルランド/イタリア/マレーシア/オランダ/ポルトガル/スペイン/イギリスの10カ所で開催。’22年は新たにオーストラリア/オーストリア/インドネシア/カタール/日本でも開催されます。

各国のシリーズ上位3人はミニGPワールドファイナルへの参加権が得られる。 [写真タップで拡大]

各国のシリーズ上位3人にはミニGPワールドファイナルへの参加権が与えられ、その勝者には「Road to MotoGP」プログラムの選考会あるいは直接の参戦が許されます。

日本で行われる「FIMミニGPジャパンシリーズ」は全5戦。各戦2レース・計10レースを実施し、シリーズタイトルを決定します。第1戦は’22年4月16日、筑波サーキットコース1000にて。レースエントリー受付は2月16日開始です。(大泉勝彦)

動画はこちら↓

※写真はすべてP-UP Worldサイトより。
※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

ホーム貴重な休日は必ず2人でツーリング〈ハーレーダビッドソンのある暮らし〉
WEBヤングマシン|新車バイクニュース