ワークマン・キャンプグッズで調理してみた!

【ワークマン キャンプ用品】780円からのキャンプ飯グッズ! ワークマン・アウトドア用品の実力拝見!

実は昨春から各店舗にアウトドアコーナーを設置し、メスティンやポケットストーブなどを販売していたワークマン。これが今年2月下旬からのキャンプギア本格参入の布石になっていたのだ。今回はバイクでも楽に運べるサイズの調理器具やカトラリーをいくつかチョイスし、1泊2日のキャンプで実際に使ってみた。

●文/写真: 大屋雄一(OYA Yuichi) ●取材協力: ワークマン

万能調理器具のメスティンがほぼ市場最安値で手に入る!

ワークマン|キャンプ

缶詰の焼き鳥を投入すれば立派な炊き込みご飯に。 [写真タップで拡大]

キャンプ=アウトドアで何を食べるか。そもそも自炊をしたことがない、あるいは得意ではない人にとって、これは大きな問題だ。ちなみに「キャンプ飯」で画像検索するとキラキラなアウトドア料理が多数ヒットするため、これがキャンプに対するハードルを上げているのでは? と筆者は思う。料理に対する興味やスキルは人それぞれであり、キャンプを始めたからといって急に腕が上がるものではない。

同じキャンプでも全ての荷物を背負う登山のテント泊では、ゴミを減らす目的もあってお湯を注ぐだけのフリーズドライや温めるだけのレトルト食品が用いられることが多い。これらは驚くほど味や食感が進化しており、料理に自信のない人は缶詰やカップラーメンなどとともに試してみてはいかがだろうか。

さて、キャンプで使われる携帯を前提とした小型の調理器具はクッカー(ドイツ語でコッヘル)という総称で呼ばれており、さまざまなサイズや形状、素材のものがある。中でもソロキャンプで重宝するのがメスティンだ。これはアルミ製のスクエアな飯ごうで、ワークマンで販売されているのは容量約750mlの一般的にレギュラーサイズと呼ばれているものだ。これ一つで約2合までの炊飯ができるほか、即席ラーメンを茹でたり、別売りの網を底に敷いて蒸し料理や燻製を作ることも。さらにはフタを裏返して肉や野菜を焼くことも可能など、まさに万能調理器具といっても過言ではないのだ。

このメスティン、非常に人気が高いことから国内外のさまざまなメーカーが販売しているのだが、レギュラーサイズに限って言えばワークマンの780円は市場でほぼ最安値となっている。付け加えると、昨春にリリースされたときの価格は980円だったので、さらに買い求めやすくなっているのだ。

ワークマン|キャンプ

OUTDOOWORK TKG 2合炊 飯ごうメスティン(780円):アルミ製の本体サイズは約165×95×63mmで、ステンレス鋼のハンドルの長さは約126mm。昨春のリリース時の価格は980円だったが、現在は780円に値下がりしており、レギュラーライズとしてはほぼ市場最安値だ。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

OUTDOOWORK TKG 2合炊 メスティン用メッシュトレー(299円):左の2合炊きメスティン用として登場したステンレス製のメッシュトレー。サイズは約155×10×85mmで、蒸し料理をしたり燻製を作る際などに重宝する。ステンレス製なのでサビに強いのもポイント。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

満水容量が約750mlなので、インスタントラーメンを作るのに十分なサイズとなっている。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

メスティン内にメッシュトレーを敷き、少量の水を入れて火に掛ければ肉まんが熱々に! [写真タップで拡大]

メスティンとの相性抜群なポケットストーブは何と299円!

ワークマン|キャンプ

メスティンと相性のいいポケットストーブ。 [写真タップで拡大]

130点ものキャンプギアを展開する予定のワークマン。その中にガスやガソリンを燃料としたバーナーこそ含まれていないが、炭や固形燃料によるコンロは用意されている。今回はキャンプツーリング向きとも言えるポケットストーブを使ってみた。

その名のとおりポケットにしまえるほどコンパクトなポケットストーブは、主に固形燃料を熱源とする簡易コンロだ。五徳の開き角を2段階に調整でき、狭い方はシェラカップなどに、広い方はメスティンやフライパンなどに対応する。固形燃料は火力が調整できないなど使いにくい部分もあるが、1個でメスティン1合分の炊飯ができることから、シングルバーナーのサブ機として利用するキャンパーも少なくない。また、気温が低い状況でも確実に着火してお湯が沸かせるという安心感から、一つ持っておくことをオススメする。

ワークマン|キャンプ

OUTDOOWORK TKG ポケットストーブ台(299円):収納サイズは約97mm×75mm×20mmと非常にコンパクトで、材質は亜鉛メッキ鋼板。展開時の高さは約55mmで、実測重量は102g。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

シェラカップなど底面が狭いもの(8~12cm)を載せる際には五徳を狭い方にセット。メスティンやフライパンなど大きいもの(12~20cm)を載せる場合は五徳を垂直まで開く。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

OUTDOOWORK TKG ウィンドスクリーン580×135(499円):ポケットストーブの風除けであり、展開時のサイズは約590×135×4mm。アルマイト加工されたアルミ製で収納袋付き。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

ニチネン 固形燃料 25g×3ケ入り(99円):1個25gで燃焼時間は約15分。メスティンで1合の炊飯をするのにちょうど良いサイズの固形燃料で、100均ショップよりも安価で販売。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

100均ショップなどで販売されている通称「ミニ鉄板」を組み合わせれば肉も焼けるぞ! [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

固形燃料の燃えかすはこのように簡単に除去できる。未使用の固形燃料は密閉して保管を。 [写真タップで拡大]

カトラリーも充実、スプーンを忘れたらワークマンへ駆け込め!

ワークマン|キャンプ

OUTDOOWORK TKG カトラリーセットスプーン&フォーク(399円):ハンドル部分が折りたためるスプーンとフォークのセット。どちらもステンレス製で、収納袋を付属する。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

OUTDOOWORK アウトドアマルチツール(780円):スプーンやフォーク、缶切り、栓抜き、ナイフなど5通りに使える便利なアイテム。キャンプだけでなく災害時にも活躍しそう。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

OUTDOOWORK マルチシザース(780円):ハサミ、ナイフ、栓抜き、缶開け、殻割り、ウロコ取り、骨切り、皮むきという8通りに使える多機能ハサミ。1本あると重宝するぞ。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

メスティンの中にポケットストーブやメッシュトレー、ウィンドスクリーン、アウトドアマルチツールが全て納まる。こうしたコンパクトな収納術を「スタッキング」と呼ぶ。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

Glee-ru 取っ手が外せるグリルパン3点セット(2500円):本格的に料理をしたい人のためにグリルパンも用意。ハンドルが別体なので見た目以上にコンパクトに運べるのだ。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

電子レンジを除く全ての熱源に対応している。スチール製の本体サイズは182×49×273mmで、フタとハンドルはステンレス製。キャンプだけでなく日常的に使用するのもOKだ。 [写真タップで拡大]

食材や飲料を冷たいまま運ぶためのアイテムも充実している

ワークマン|キャンプ

THERMOSのソフトクーラーバッグは5層断熱構造のアイソテック2により保冷力が高く、使わないときはコンパクトにたためるのでキャンプツーリング向きと言えるだろう。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

小さい方は容量5Lで1780円。ブルーとブラックがあり、収納サイズは350ml缶×6本+α。大きい方は15Lで1900円。ブラックのみ。こちらは2Lのペットボトルが4本収納可。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

FieldCore FCD11 真空ハイブリッドコンテナ(2500円):昨年、発売とほぼ同時に完売となったアイテムがバージョンアップして登場。容量は約4.6Lとやや大きめサイズだ。 [写真タップで拡大]

ワークマン|キャンプ

真空構造なので長時間の保冷または保温が可能。500mlのペットボトルが4本収納できるサイズだ。大きいのでバイクで運ぶには工夫が必要だが、夏キャンプでは重宝するはずだ。 [写真タップで拡大]

アウトドア用の調理器具はそのまま災害時にも役に立つ

ワークマン|キャンプ

気温が低くても固形燃料はこのとおり! [写真タップで拡大]

実際に茨城県のキャンプ場でテストしたのは1月下旬で、起床時の気温はうっすらと氷点下だった。ここまで気温が下がるとシングルバーナーはCB缶、OD缶ともレギュラーガスでは火力がかなり弱まってしまい、お湯すら満足に沸かすことができない。これに対して固形燃料はすぐに着火し、火力も外気温に左右されにくいのだ。また、ポケットストーブはメスティンの中に収納できるというのもポイントで、キャンプには興味がなくても、たとえばツーリング先でお湯を沸かしてコーヒーを飲むといった楽しみ方もできよう。それに、アウトドア用の調理器具はそのまま災害時にも役に立つので、決して無駄にはならないのだ。

なお、商品販売ルートはアイテムによって異なり、2月下旬にワークマンオンラインストア内(直送なし、店頭受け取り限定)、もしくは店舗販売の2パターンを予定しているとのこと。また、これらは販売中に変更される可能性もあるので、詳しくは2月下旬にワークマンオンラインストアのアナウンスをチェックしてほしい。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース