KAWASAKI Z900RS×DOREMI COLLECTION×RIDE HI

【ドレミコレクション×Z900RS】往年のZを見事に再現! 若年層にもこのスタイルがウケる!!

●文: ライドハイ(伊藤康司) ●写真: ドレミコレクション

“着せ替え”で楽しむ、カスタムの新たな手法

カワサキZ系のリプロダクションパーツやカスタムパーツで有名なドレミコレクションは、Z900RSが発表された2017年の東京モーターショーで、カワサキブースで同時にカスタムモデルを発表。一見してZ1のオマージュとわかるカスタムだったが、Z1を知らない若い世代のライダーにも高い支持を得た。そのカスタムモデルに装着していたパーツを順次市販化していき、それらをセットにしたのがこのデモ車だ。

パーツ群の中でも注目されるのが、スチール製のインナータンクを用いた「Z1 Style 外装カバーセット」で、Z1のフォルムを見事に再現し、Z1/Z2のすべてのカラーリングを“着せ替え”感覚で楽しめる画期的なカスタム手法だ。

さらに同社では、このスチールインナータンクを用いて、ローソンレプリカことZ1000RとGPZ900R Ninjaの外装キットも開発中で、こちらも期待大!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホームヤマハ初代FJR1300(2001年)詳細解説 「長距離高速移動の本場・ヨーロッパを納得させた実力派ツアラー」
WEBヤングマシン|新車バイクニュース