第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

創立100周年/グランプリ60周年/タイトル獲得を記念

世界限定70個【国内30個】の特別仕様! スズキ100周年アニバーサリーヘルメット抽選販売・1/11より

スズキは、2020年11月にMotoGPで公開された「スズキアニバーサリーヘルメット」を限定発売すると発表した。世界限定70個のうち、日本販売分への割り当ては30個の抽選販売となる。抽選申込期間は2022年1月11日~1月25日で、抽選発表日は2022年1月31日だ。


●外部リンク: SUZUKI

カラーリングの元ネタは1962年から世界グランプリ50ccクラスに参戦したレーシングマシン

スズキは、同社の創立100周年、グランプリ参戦60周年、そしてMotoGP世界タイトル獲得を果たし記念すべき年となった2020年11月に、「スズキアニバーサリーヘルメット」を公開。それから約1年の時を経て、実際にこのスペシャルヘルメットを限定発売することになった。

青と銀に塗り分けられたスズキ100周年カラーは、2020年からスズキのMotoGPマシン「GSX-RR」が採用しているものがベースになっているが、さらに元ネタを辿ると、スズキの世界GP挑戦3年目にあたる1962年に新設された50ccクラスで初代チャンピオンを獲得したマシン、「RM62」にルーツがあるようだ。

スズキはこの50ccクラスにおいて、1968年までの7年間で6度のチャンピオンを獲得しただけでなく、1963年には故伊藤光夫さんがマン島TTレースでRM63を駆り、日本人として同TTを初制覇(かつ現在のところ唯一の日本人勝利者)している。そんな栄光の始まりを象徴するカラーリングが、この青×銀なのだ。

「スズキアニバーサリーヘルメット」の限定数は世界で70個、そのうち30個が日本に割り当てられ、抽選販売となる。ベースモデルはアライのフラッグシップ「RX-7X」で、日本限定30個はM、L、XLサイズが各10個という配分だ。価格は14万3000円で、抽選申込期間は2022年1月11日~1月25日。抽選発表日は2022年1月31日となっている。

スズキアニバーサリーヘルメット
スズキアニバーサリーヘルメット

スズキアニバーサリーヘルメット [写真タップで拡大]

スズキアニバーサリーヘルメット

スズキアニバーサリーヘルメット [写真タップで拡大]

スズキアニバーサリーヘルメット
スズキアニバーサリーヘルメット

スズキアニバーサリーヘルメット [写真タップで拡大]

左が元ネタになった50ccレーサーで、右の2台は2020年を走ったGPマシン「GSX-RR」だ。 [写真タップで拡大]

購入方法の詳細については下記リンクにて。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース