日本ではバイクは昨年まで違法でした|モーサイ

【Q&A】クルマに続き認可されたバイクの「デイタイムランニングライト」、ヘッドライトとの違いやメリットは?

●記事提供: モーサイ編集部 ●レポート: 山本晋也 ●写真: 柴田直行/ホンダ/日産/ドゥカティ/カワサキ

バイクでDRLが認可されたのは2020年9月

バイクやクルマの装備に関して、2020年ごろから「DRL」というアルファベットを見かける機会が増えています。

これは「デイタイム・ランニング・ランプ(もしくはライト)」の略称で、日本語では「昼間走行灯」といいます。

ヨーロッパでは1970年代に生まれたDRLですが、日本で普及し始めたのは比較的最近です。というのも、クルマのほうが先行して認可されたのですが、それも2016年10月の保安基準からなのです。

つまり、それ以前は日本でDRL装着車を走らせることは違法でした。欧州では昼間の被視認性(見つけてもらいやすくすること)を高める装備として実績あるDRLが日本では違法……という不自然な状況はこのとき解消されたのでした。

一方で、バイクにおいてDRLが認可されるようになったのは2020年9月のことでした。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース