ライドメンテナンス|RIDE HI

【Q&A】ブレーキパッドの残量は、自分でチェックした方がよい?

●文/写真: ライドハイ(伊藤康司)

ガソリン残量より、ブレーキパッド残量の方が重要です!

バイクのトラブルで困るのは、原因はともあれ、やはりエンジンがかからないことだろうか。通勤とかなら焦るだろうし、ツーリングなら愕然とするだろう。しかしエンジンがかからなくても“困るだけ”で、そもそも動かないから危険ではない。

というワケで、バイクのトラブルで絶対に避けなければならないのは「ブレーキ」。もし走っている最中にブレーキが効かなくなったら……、これは想像したくないが命にかかわる事態だ。だからブレーキのメンテナンスは必須なのだが、車検や定期点検できちんとチェックされていれば、転倒などで物理的にブレーキ関連パーツを傷めていなければ問題が起こることはあまり多くないだろう。

しかし、消耗品である「ブレーキパッド」の残量は、本当に頻繁にチェックする必要がある。乗る前に毎回……とまではいわないが、少し距離を走るようなツーリングに出る前は忘れずにチェック。また洗車時などにも確認しよう。

目安になるブレーキパッド残量は――。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報