’21-’22秋冬ライディングウェアカタログ〈タイチ〉最新パーカは充実のポケット収納

40年以上の歴史を持つタイチ。創業者の吉村太一氏は当時のトップライダーで、レース経験で培ったノウハウを活すべくブランドをスタート。ウエアの総合ブランドとして、ライディングウエアはもちろん胸部プロテクターなどにも力を入れる。’21-’22秋冬ラインナップから、モンスターオールシーズンパーカ/WPカーゴオーバーパンツ等を紹介する。

●文:ヤングマシン編集部 ●写真:武田大祐 ●モデル:神永暁 ◆外部リンク:RSタイチ

モンスターオールシーズンパーカ[RSJ726]

携帯電話/財布/充電器…、なにかと荷物の多い現代人。そんな小物類を外側8ヵ所/内側1ヵ所のポケットにすべて収納してしまおうというのが本モデルのコンセプト。着脱式のフードに脇部のベンチレーションなど、季節やシチュエーションに合わせた着用が可能で、プロテクターは肩/肘/背中の3点セットを装備。オプションでCEレベル2へのグレードアップと胸部プロテクターの追加も可能だ。

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|タイチ|モンスターオールシーズンパーカ[RSJ726]

【タイチ モンスターオールシーズンパーカ RSJ726】●メンズサイズ:S M L XL XXL 3XL 4XL ●レディスサイズ(黒/濃緑のみ):WM WL ●色:黒橙 黒 薄茶 濃緑 ●価格:3万5200円 [写真タップで拡大]

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|タイチ|モンスターオールシーズンパーカ[RSJ726]
[写真タップで拡大]

アウター/インナージャケットの2重構造でそれぞれ単体での着用もできる。大型フードと襟元のボアネックウォーマーも取り外し可能だ。

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|タイチ|モンスターオールシーズンパーカ[RSJ726]
[写真タップで拡大]

胸ポケットはフラップ付きのボタンタイプ、下部大型ポケットはフラップ付きの面ファスナー。グローブしたままでも出し入れがしやすい。

WPカーゴオーバーパンツ[RSY554]

デザインはカジュアルテイストながら、防水性/膝のCE規格レベル2プロテクター/裾部の調整フラップなどのライディング要素をきっちり備えたパンツ。名前はオーバーパンツだが、スッキリしたシルエットだ。サイドベルトでの調整も可能で単体着用しても違和感がない。

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|タイチ|WPカーゴオーバーパンツ[RSY554]

【タイチ WPカーゴオーバーパンツ RSY554】●色:黒 薄茶 緑 ●メンズサイズ:S M BM 2BM L BL 2BL XL XXL ●レディスサイズ:WM WL ●価格:1万9030円 [写真タップで拡大]

ステルスウィンターグローブ[RST644]

シンプルな見た目でありながら甲部にはハードタイプのナックルカップを内蔵した、秋冬向けのライディンググローブ。インナーにはタイチのオリジナル防水透湿素材・ドライマスターを採用し、防水対策もバッチリだ。

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|タイチ|ステルスウィンターグローブ[RST644]

【タイチ ステルスウィンターグローブ RST644】●サイズ:S M L XL XXL ●色:黒 黒赤 黒白 銀黒 ●価格:8690円 [写真タップで拡大]

ドライマスターコンバットシューズ[RSS010]

存在感あるゴツいソールは、なんとオリジナルデザインのビブラムソール。ドライマスター素材を使った全天候型のライディングブーツで、表地にはスタンダードとスエード調起毛素材・クラリーノの2種類がある。

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|タイチ|ドライマスターコンバットシューズ[RSS010]

【タイチ ドライマスターコンバットシューズ RSS010】●サイズ:24.0~28.0cm(0.5cm刻み/黒白は23.0~29.0cm) ●色:濃灰 迷彩 黒白 緑 クラリーノ黒 クラリーノ茶 ●価格:2万6400円(クラリーノ 2万9480円) ※写真はクラリーノ黒。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報