’21-’22秋冬ライディングウェアカタログ〈エルフ〉インナーもアウターもストレッチ!

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|エルフ

’39年創業のフランスの石油会社・エルフ(elf)。オイルで有名となり、F1やモトGPなどで長年レーシング活動を行ってきたブランドだ。’21-’22秋冬モデルは、取り外し式のインナーにアウターシェル同様のストレッチ性を持たせ、より着心地をアップさせている。

●文:ヤングマシン編集部 ●写真:武田大祐 ●モデル:神永暁 ◆外部リンク:エルフ

エステンドジャケット[EJ-A111]

アウトドアで流行りのソフトシェルタイプのフーディを前モデルから取り入れたエルフ。伸縮性の高い生地を使った着心地の軽さをそのままに、本モデルでは単体使用が可能なインナーウエアにもストレッチ性のある生地を採用。ソフトシェルのウェアがさらに動きやすくなり、軽やかなライディングが可能に。またフードは着脱式でライディングシーンに合わせてスタイルが変えられるのもいい。

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|エルフ|エステンドジャケット[EJ-A111]

[写真タップで拡大]

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|エルフ|エステンドジャケット[EJ-A111]
[写真タップで拡大]

【エステンドジャケット[EJ-A111]】●色:黒赤 白 青 緑 ●サイズ:S M L LL 3L ●価格:2万8380円

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|エルフ|エステンドジャケット[EJ-A111]|アウター生地
[写真タップで拡大]

ソフトシェルタイプのアウター生地は防風素材でありながら非常に高い伸縮性を持っており、肘の曲げ伸ばしや、肩も動かしやすい。

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|エルフ|エステンドジャケット[EJ-A111]|フード
[写真タップで拡大]

フードは後部がジップ連結、前方のフラップが面ファスナーとなっており、簡単に取り外せる。肩/肘/背にはプロテクターを標準装備。

アルバーノストレッチパンツ[EWP-9241]

ジップ連結で着脱が可能なインナーを備えたオールシーズンタイプのライディングパンツ。デニム風のシルエットだが、生地にはストレッチ性があり、股部分には菱形のマチを設けていることでライディングしやすくなっている。膝にはCE規格のプロテクターを内蔵している。

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|エルフ|アルバーノストレッチパンツ[EWP-9241]

【アルバーノストレッチパンツ[EWP-9241]】●色:黒 ●サイズ:S M L LL M/LL L/3L ●価格:2万1780円 [写真タップで拡大]

ビアッジオグローブ[EG-A510]

防風透湿フィルムのヴォクサームを内蔵するも、中綿がないことで春から秋まで長い期間使えるようになっている、操作性重視のロング丈グローブ。プロテクターはカーボンナックルカップに加え、掌底/手首にソフト素材を配置している。

2021-2022秋冬ライディングウェアカタログ|エルフ|ビアッジオグローブ[EG-A510]

【ビアッジオグローブ[EG-A510]】●色:黒 赤 青 銀 ●サイズ:M L LL ●価格:7920円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報