ボルドーレッドメタリックのみ継続

ホンダが原付一種スクーター「タクト」「タクト・ベーシック」のカラーバリエーションと価格を変更

ホンダは、シティランに最適なデザインと扱いやすい出力特性でロングセラーを続ける原付一種スクーター「タクト」および「タクト・ベーシック」のカラーバリエーションを変更し、2021年11月25日に発売すると発表した。

●外部リンク: HONDA

41年の歴史を持つファミリーバイク

ホンダは原付一種スクーター「タクト」と「タクト・ベーシック」のカラーバリエーションを変更し、2021年11月25日に発売する。タクトには存在感のあるデジタルシルバーメタリックを新たに採用。タクト・ベーシックには精悍な精悍な「グラファイトブラック」、爽やかな「ロスホワイト」、都会的なイメージの「パールディープマッドグレー」、カジュアルな「アーベインデニムブルーメタリック」を新たに採用し、継続色の「ボルドーレッドメタリック」と合わせた全5色を設定したほか、ホイールとフロントフェンダーのカラーをブラックとすることで、より落ちついた印象としている。

1980年9月4日に発売された初代タクトは強制空冷2ストロークエンジンを搭載し、まだメットインスペースなどを持たなかったが、長年にわたってファミリーバイクとして支持され続けている。一時はラインナップから外れたものの、2015年に水冷4ストロークの「eSP」エンジンを搭載して復活した。

現行のタクトおよびタクト・ベーシックは、ヘルメットや小物を収納できるラゲッジボックス、少ない荷重で掛けられるように配慮したセンタースタンドなど、日常の使い勝手を考慮した装備を採用。そしてタクト・ベーシックは、タクトよりもシート高を15mm下げ、足つき性を向上したバリエーションモデルだ。

カラバリ変更にともない価格は従来よりも各1万1000円の値上げとなったが、依然として庶民の足にふさわしい価格帯であることに違いはない。

HONDA TACT / TACT BASIC[2022 model]

主要諸元■全長1675 全幅670 全高1035 軸距1180 シート高720[705](各mm) 車重79[78]kg■水冷4ストローク単気筒SOHC 4.5ps/8000rpm 0.42kg-m/6000rpm 無段変速 燃料タンク容量4.5L■タイヤサイズF/R=80/100-10 ●価格:19万2500円[17万9300円] ●色:銀[黒、白、灰、青、赤] ●発売日:2021年11月25日 ※[ ]内はタクト・ベーシック

HONDA TACT[2022 model]

HONDA TACT[2022 model]デジタルシルバーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA TACT[2022 model]

HONDA TACT[2022 model]デジタルシルバーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA TACT BASIC[2022 model]

HONDA TACT BASIC[2022 model]パールディープマッドグレー [写真タップで拡大]

HONDA TACT BASIC[2022 model]

HONDA TACT BASIC[2022 model]グラファイトブラック [写真タップで拡大]

HONDA TACT BASIC[2022 model]

HONDA TACT BASIC[2022 model]ロスホワイト [写真タップで拡大]

HONDA TACT BASIC[2022 model]

HONDA TACT BASIC[2022 model]アーベインデニムブルーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA TACT BASIC[2022 model]

HONDA TACT BASIC[2022 model]アーベインデニムブルーメタリック [写真タップで拡大]

HONDA TACT BASIC[2022 model]

HONDA TACT BASIC[2022 model]ボルドーレッドメタリック ※継続色 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報