目指すは世界一! 進化し続ける草レース〈2021もてぎ7時間耐久ロードレース〉

2021もてぎ7時間耐久ロードレース

’98年に初開催され、’21年で24回目を迎えた「もて耐(もてぎ7時間耐久ロードレース)」。’21年も100台を超えるエントリー(3時間決勝を含む)があり、それぞれのスタンスでレースを楽しんでいた(8月21〜22日開催)。

●文/写真:ヤングマシン編集部(佐藤寿宏) ●外部リンク:ツインリンクもてぎ

初心者から上級者まで一緒に楽しめるもて耐

ツインリンクもてぎの歴史と共に歩んできた「もて耐」がコロナ禍の中、’21年も開催された。

“世界一の草レース”を目指し、当初は排気量もオープンレギュレーションで行われ、ビッグバイクを中心に一時は300台近いエントリーを集めていたが、’08年からはより安全に耐久レースを楽しんでもらおうと、250cc2気筒以下に絞られた。

その当初はGPZ/GPX/スパーダなどの旧車が多かったが、各メーカーがアジア市場を見据え250ccスーパースポーツをリリースし始めると新しい車種が増え、現在ではCBR250RRのエントリーがもっとも多くなっている。それでもクラス別に給油時のピット滞在時間を増減させるなど、多くのチームに優勝のチャンスがある”もて耐レギュレーション”は健在。いかに燃費と速さを両立するかがもて耐を制するポイントとなっている。

2021もてぎ7時間耐久ロードレース
[写真タップで拡大]

【燃費=給油回数が勝敗を左右する】給油を伴うピット滞在時間はクラス毎に2~4分に設定されており、極力給油を減らした戦略が取られる。滞在時間が長いためクイックチャージャーなどのツールは禁止されており、コスト削減も考えられたレギュレーションとなっている。ガソリンは支給される携行缶で給油を行い、1回で給油できる量は5Lとなっている。

’21年のもて耐はCBR250RR勢が上位を占めたが、燃費的には厳しく、優勝した#86「<BEAR>Mガレージ+i│Factory」も計算上では残り2周でストップする状況だった。しかしそこで勝つために勝負に出た。残り20分でセーフティーカーが入ったことも幸いし、追いすがる#88「ベスラ with 制動女子YSS」に2秒846差に詰め寄られつつ、何とかゴールできたことで頂点に立った。

また、今年からはより気軽に楽しんでもらおうと、土曜開催の3時間決勝だけへの参加も可能となり、多くのライダーがもて耐を楽しんた。

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート|リザルト

【決勝レース正式結果】トップ10に入ったチームの給油回数は平均7~8回。BMW G310Rがトップ10に2チーム入る健闘を見せた。#310 BMW Motorrad G310&PEOはトラブルもあり、10回ピットに入りながらも10位。 [写真タップで拡大]

2021もてぎ7時間耐久ロードレース

[写真タップで拡大]

最多数はCBR-R&RR。今年からは4気筒も参戦

今年は賞典外ながらニンジャZX-25Rが初登場! 他のマシンに比べれば重い車体に高回転エンジンは燃費的に厳しいものがあったが、シングルやツインばかりのもて耐で4気筒サウンドはひと際目立っていた。また、旧車の姿は少なくなってきたが、GPZ250R/VTR250/スパーダなどの独自カスタム車が楽しみながら参戦している。タイヤはピレリが多いが、優勝した#86<BEAR>Mガレージ+i-factoryはダンロップを使っていた。

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート|ホンダ CBR250RR|中村エンジン研究所

【ホンダ CBR250RR】#61 中村エンジン研究所 [写真タップで拡大]

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート|ホンダ CBR250RR|〈BEAR〉Mガレージ+i-factory

【ホンダ CBR250RR】#86〈BEAR〉Mガレージ+i-factory [写真タップで拡大]

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート|カワサキ GPZ250R|HAPPY MONDAY

【カワサキ GPZ250R】#26 HAPPY MONDAY [写真タップで拡大]

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート|ホンダ VTR250|ダイヤモンド★リリー+トミー号

【ホンダ VTR250】#30 ダイヤモンド★リリー+トミー号 [写真タップで拡大]

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート|カワサキ ニンジャZX-25R|Team38 LEGEND~夏~

【カワサキ ニンジャZX-25R】#38 Team38 LEGEND~夏~ [写真タップで拡大]

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート|ヤマハ YZF-R25|CLUB Green Bird +P

【ヤマハ YZF-R25】#87 CLUB Green Bird +P [写真タップで拡大]

BMW R310Rがジワジワ勢力拡大中

今回のもて耐には17台のBMW G310Rがエントリーし、一大勢力に成長。ワンメイクレースのG310トロフィーを主催する武藤昇氏の努力もあり、盛り上がりを見せている。総合4位に#57 サントクRTファンファクトリー立秋@zipが入ったのも驚きだ。元全日本ライダーの前田誠司選手の速さが際立っていた。

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート|BMW G310R|サントクRTファンファクトリー立秋@zip

【BMW R310R】#57 サントクRTファンファクトリー立秋@zip [写真タップで拡大]

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート|BMW G310R|BMW Motorrad G310R & PEO

【BMW R310R】#310 BMW Motorrad G310R & PEO [写真タップで拡大]

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート|BMW G310R|Motorrad Tsukuba
[写真タップで拡大]

【BMW R310R】#96 Motorrad Tsukuba

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|イベントレポート

[写真タップで拡大]

恒例のヤングマシンチームも参戦!!

長年もて耐に参戦している「#135 BSC with Youngmachine」は3人体制でエントリー。イレギュラーなピットインがあったものの、65歳・武藤昇選手の頑張りもあり、161周を走り切り総合17位、クラス4位と健闘した。「頸椎手術してから2カ月しか経っていなかったので不安でしたが、想像以上にいいリザルトでニコニコです」と武藤選手。

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|#135 BSC with Youngmachine
2021もてぎ7時間耐久ロードレース|#135 BSC with Youngmachine

第2ライダー:武藤昇選手 [写真タップで拡大]

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|#135 BSC with Youngmachine

第1ライダー:小川順司選手 [写真タップで拡大]

2021もてぎ7時間耐久ロードレース|#135 BSC with Youngmachine

第3ライダー:鶴岡一弥選手 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報