世界最古のブランドが極地に挑戦

目指せ南極走破! ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」世界初の冒険が11月26日にはじまる

ロイヤルエンフィールドは、創業120周年を迎えた今年、モーターサイクルの新しい可能性を押し広げる新しい試みとして、モーターサイクルによる南極走破プロジェクト「90° SOUTH – Quest for the Pole」を実施すると発表した。遠征隊は現地時間2021年11月26日に出発し、ロス棚氷から南極点まで約770kmを走破するという。

空冷単気筒アドベンチャー「ヒマラヤ」が南極点付近のアムンゼン・スコット基地を目指す

ロイヤルエンフィールドは、「90° SOUTH – Quest for the Pole」と名付けた南極走破プロジェクトを発表した。1901年に英国で誕生した世界最古のモーターサイクルブランドが創業120年を迎えたことを受け、モーターサイクルの新しい可能性を押し広げる試みとしてチャレンジするというもの。遠征隊は現地時間の2021年11月26日に南アフリカのケープタウンを出発し、南極大陸のロス棚氷からレベレーツ氷河を経て、南極点付近のアムンゼン・スコット基地を目指すという。

この南極縦断は、これまでモーターサイクルが完走したことのないルートでの挑戦。つまり、かつて1992年1月3日に風間深志さんが南極点に到達したのとは異なる、凍った海の上から出発して極点を目指すルートで世界初の偉業に挑むわけだ。

このチャレンジプロジェクトに選ばれたのは、空冷411cc単気筒エンジンを搭載するアドベンチャーモデル「ヒマラヤ(Himalayan)」だ。どちらかといえばネオクラシックの出で立ちではあるが、2016年に発売されたこのバイクは、ヒマラヤ山脈を駆け上がる人里離れた冒険ツーリングでトラブルが出ないようにと、あえてシンプルな構造を採用しているヘビーデューティマシンでもある。メーター横に控え目に配置されたコンパス表示や、重装備を積載しても変わりなく不整地を走り抜けられる足まわりのタフさは、今のところオーナーだけが知る資質なのかもしれない。

今回の遠征のために、ロイヤルエンフィールドは2台のヒマラヤを雪や氷の上でも走れるようにアップグレードし、すでに2020年9月に第1段階、2021年7月に第2段階のテストを完了している。

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH - Quest for the Pole』

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH – Quest for the Pole』 [写真タップで拡大]

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH - Quest for the Pole』

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH – Quest for the Pole』 [写真タップで拡大]

ロイヤルエンフィールドの親会社であるアイシャー・モーターズ(Eicher Motors)マネージング・ディレクターのシッダールタ・ラル氏は、このの節目の年と遠征の試みについて、下記のとおり述べた。

「120年というのは、ブランドにとって長いレガシーです。今年、その節目の年を迎えることができたことをとても嬉しく思います。この120年間、私たちは世界中でライディングと探検の文化を創造し、それを盛り上げ、育んできました。このような探検の追求は私たちのDNAの真髄であり、『90° South』は私たちの並外れて壮大なモーターサイクル走行シリーズの新たな幕開けなのです。過去には、『Himalayan Odyssey』のようなライディングイベントが、ヒマラヤでのモーターサイクル・アドベンチャーへの道を切り開いてきました。今回のような南極への壮大な探検は、人々に再び冒険家になることをインスパイアするでしょう。人と機械の耐久力、そして忍耐力を試すこの遠
征は、モーターサイクルで南極点までの770kmを踏破する初めての試みとなります」

ロイヤルエンフィールド、アジア太平洋地域責任者のビマル・サムブリー氏は、このような探検を奨励するブランドの姿勢について、下記のように述べた。

「120年もの間、ロイヤルエンフィールドは人類の探検を支え、その限界を押し広げ、多くの探検家たちの味方であり続けてきました。彼らの旅と冒険が、この世界初となる南極へのモーターサイクル遠征へのインスピレーションを私たちに与えてくれたのです。地球の果てまで走るという大胆で野心的な試みは、人間の精神のレジリエンスを表しています。全てのロイヤルエンフィールドライダーと、彼ら自身の感動的な探検への頌歌として、この遠征を必ず成功させたいと思っています」

なお、ロイヤルエンフィールドは、南極点までの道のりでは圧縮された雪の上の軌跡を走行することでモーターサイクルの抵抗を減らし、排出ガスを最小限に抑えること。また、雪の流れですぐに消えるホイールの跡を除いて、遠征隊があらゆる痕跡を残さないように配慮し、排泄物を含むすべての廃棄物を持ち帰り、適切に処理することを約束している。

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH - Quest for the Pole』

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH – Quest for the Pole』 [写真タップで拡大]

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH - Quest for the Pole』

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH – Quest for the Pole』 [写真タップで拡大]

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH - Quest for the Pole』

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH – Quest for the Pole』 [写真タップで拡大]

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH - Quest for the Pole』

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH – Quest for the Pole』 [写真タップで拡大]

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH - Quest for the Pole』

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH – Quest for the Pole』 [写真タップで拡大]

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH - Quest for the Pole』

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH – Quest for the Pole』 [写真タップで拡大]

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH - Quest for the Pole』

ROYAL ENFIELD『90° SOUTH – Quest for the Pole』 [写真タップで拡大]

ROYAL ENFIELD Himalayan

主要諸元■全長2190 全幅840 全高1360 軸距未発表 シート高800(各mm) 車重199kg■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 411cc 24.3bhp/6500rpm 3.26kg-m/4000-4500rpm 変速機5段 燃料タンク容量15L■タイヤサイズF=90/90-21 R=120/90-18 ●価格:62万5000円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報