KAWASAKI Z650RS×RIDE HI

【カワサキ Z650RS】ザッパーの過去・現在・未来。前世代のザッパーが30年間もカワサキを支えてきた

●文:ライドハイ(伊藤康司) ●写真:カワサキ

ザッパーは、カワサキミドル最長ファミリー!?

かねてから噂のあったカワサキのZ650RSが、ついに発表された。まずは欧州モデルだが、日本でも2022年の春に販売が予定されているので期待に胸が膨らむ。

1970年代、大人気を博していたトップモデルの900 Super 4、すなわちZ1より軽快に扱える4気筒というコトで、400~500ccと900の間を埋め、かつ“750より速く”というコンセプトで開発された初代Z650。

当時のカワサキは、風を切る擬音の“ZAP”からZAPPER(ザッパー)という愛称を作り、自社のスポーツバイクのコンセプトに掲げていた。それだけに軽快なZ650はザッパーを体現するバイクといえ、いつしか“Z650=ザッパー”と呼ばれるようになっていた。

そんなザッパーの構想と、そこで生み出された空冷4気筒エンジンは、じつに長きに渡ってカワサキのミドルクラスを支えてきた。“旧車はよく知らない”というバイクユーザーでも、ZEPHYR750をご存知の方は多いと思うが、じつはこのバイクもザッパーエンジンを搭載している。というワケで、まずはZ650すなわちザッパーから連なるバイクたちを見てみよう!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報