2021最新ライディングシューズ&ブーツカタログ〈XPD X-ROAD H2OUT〉

XPD X-ROAD H2OUT

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司) ●写真:富樫秀明 ●外部リンク:XPD[オフィス48]

X-ROAD H2OUT:”雨ニモ負ケズ”走れる!

XPDは、イタリアのバイク総合アパレル・スピーディが手がけるライディングブーツ&シューズのブランド。トップカテゴリーのレースで鍛えられ、そのコンセプトや技術はタウンユース製品にも投入されている。このシューズの名称である「H2OUT」は、スピーディと東レが共同開発した透湿防水素材で、同社の多くの製品が採用するだけに防水性能は折り紙付き。厚さ1.55mmのマイクロファイバーのアウターと通気性に優れる3Dインナーメッシュライナーをセットし、かかとやくるぶしにはポリウレタン製プロテクターを内蔵、CE規格も取得する。ソールは薄手だが強度があり、ステップの踏みかえやシフトチェンジもダイレクトなタッチで操作できるスポーツライクな作りだ。

ライディングシューズ|XPD X-ROAD H2OUT
[写真タップで拡大]

【XPD X-ROAD H2OUT】●サイズ:23.5~31cm ●色:黒×黄 黒 ●価格:2万5080円

ライディングシューズ|XPD X-ROAD H2OUT|つま先
[写真タップで拡大]

つま先の外側にはラバー製のトゥープロテクションを装備。控えめだがスポーティーなイメージを強調する。

ライディングシューズ|XPD X-ROAD H2OUT|シフトガード
[写真タップで拡大]

ラバーパーツのシフトガードは比較的大型。つま先全体が薄く作られているのでペダルの踏み換えがスムーズだ。

ライディングシューズ|XPD X-ROAD H2OUT|くるぶし
[写真タップで拡大]

くるぶしにはポリウレタン製のプロテクターを内蔵。スエード地で”くるぶしグリップ”もしやすい。

ライディングシューズ|XPD X-ROAD H2OUT|アッパー
[写真タップで拡大]

アッパー外側はラバーパーツでガード。後部には視認性を高める大型リフレクターを装備。東レと共同開発した透湿防水素材のH2OUTや、一体構造のアッパーとベロによって高い防水性を誇る。

ライディングシューズ|XPD X-ROAD H2OUT|ベルクロベルト
[写真タップで拡大]

足首のホールド性を高めるとともに、シューレースのほどけや引っ掛かりを防ぐベルクロベルトを装備。

ライディングシューズ|XPD X-ROAD H2OUT|ソール
[写真タップで拡大]

完全にフラットではないが、土踏まずの段差がほとんどないソール。薄手だが剛性感が高く、フットペグの感触が伝わりペダル操作も良好だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報