教えてネモケン|ライドハイ

【Q&A】リヤショックが1本と2本……何が違う?

リヤサスのショックユニットが1本のものと2本のバイクがありますよね。昔ながらのネイキッドが2本、スポーツバイクには1本のことが多いようですが、そもそもどんな違いがあるのでしょう?

●文:ライドハイ編集部(根本健) ●写真:BMWカワサキ

A.スポーツ性を追求すると1本ショックに!

昔ながらのネイキッド系のバイクの多くがいまも2本ショックユニット仕様ですが、これはオートバイらしい伝統的なルックスを重視しているからと言い切って良いと思います。

もちろん、だからといって機能を重視していないわけではありません。サスペンションのショックユニット単体の構造や取り付け角度に工夫を凝らすことなど、相応に進化を遂げているのです。

一方のハイパフォーマンスを売りにしたスポーツバイクは、ネイキッドタイプを含め、1本のショックユニットがエンジン後ろのスイングアームの付け根付近に配置されています。

その理由は、大きくいって2つあります。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報