ライドメンテナンス|ライドハイ

【Q&A】チェーンって、ドコが伸びるんですか?

●文:ライドハイ(伊藤康司) ●写真:渕本智信

チェーンの張り調整が必要なのは、チェーンが徐々に伸びるからだけど……

バイクのチェーンのメンテナンスといえば「清掃・潤滑」と「張り(あそび)のチェック」。まず、チェーンを長持ちさせるには清掃や潤滑をマメに行うことが大切だ。

近年のビッグバイクのシールチェーンの高価なものは、持ちがよくなっているが、小中排気量車はまだまだマメなメンテナンスが必須。オフロードバイクで林道やガレ場、ウエット路面を走った後や、洗車後も同様だ。

そして張りが適切であることも大切。

張りすぎているとサスペンションがストロークせず動かなくなるため危険だし、遊びが多すぎるとガシャガシャ異音がしたり、加減速のショックが大きくなる。スプロケットも減っていたりすると、最悪の場合は走行中にスプロケットから外れてしまうこともある。何より張りが適切でないと、チェーンの伸びが早くなって、寿命が短くなってしまうのだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報