特定の周波数の強い振動でAFが損傷?

次のiPhone13は大丈夫? iPhoneのカメラが高性能バイクの振動で画質低下の恐れ

アップルは、iPhone 6 Plusなど以降の世代でカメラに光学式手振れ補正『OIS(Optical Image Stabilization)』を搭載する一部のモデルで、高出力のモーターサイクルのエンジンによって生成される振動がパフォーマンスに影響を与える可能性があることを告知した。

●外部リンク:Apple サポート情報

高回転&高出力エンジンが発生する振動に気をつけろ!

アップルは、2021年9月11日に発行したプレスリリースで、“6”世代以降のiPhoneのうちカメラに光学式手振れ補正『OIS(Optical Image Stabilization)』を搭載する一部のモデルについて、特定の周波数帯の高振幅振動が同光学系システムのパフォーマンス低下を招き、画質が悪化することがあると警告した。

特に高出力のモーターサイクルエンジンが発生する振動に長時間さらすことにより、カメラシステムのパフォーマンスが低下する可能性があるとのことだ。

一部のiPhoneモデルのカメラシステムは、光学式手振れ補正OISやクローズドループ式オートフォーカスなどのテクノロジーを搭載し、動きや振動、重力の影響を打ち消すことで鮮明な写真を撮影できるのがウリ。特にOISは、ジャイロスコープ(バイクでいうIMUに相当)によってカメラの動きや振動を感知し、カメラのブレをキャンセルする方向にレンズを駆動することで鮮明な撮像を可能にしている。

もちろんこれらのシステムは耐久性を考慮して設計されているため、多少の振動や衝撃には耐えられるようになっているのだが、他のカメラ製品と同様に、システムが内部で影響を受けてしまうような特定の周波数帯の強い振動に長時間さらされると、システムは徐々にダメージを受け、やがて写真や動画の画質が低下していく可能性があるのは間違いない。

特に大排気量かつ高出力のモーターサイクルエンジンは、シャーシとハンドルバーを介して伝達される強力な高振幅の振動を発生する。また、モペッドやスクーターなど振動の周波数が低めのものついてはそこまで心配することもなさそうに思えるが、アップルは、iPhoneをバイクにマウントする際には損傷するリスクを避けるために、振動減衰機能があるマウントの使用を推奨している。また、長期間の定期的な使用も避けてほしいとのことだ。

まあ、当たり前といえば当たり前かもしれないが、最近のスマートフォンがいくら振動や衝撃に強くなってきたからといって、やはり限度はあるし機種ごとに特定の周波数がダメージになりやすいということなのだろう。

なお、アップルによればOISはiPhone 6 Plus、iPhone 6s Plus、およびiPhone SE(第2世代)を含むiPhone7以降に搭載。またiPhone 11以降のウルトラワイドカメラにはOISがなく、iPhone 7PlusおよびiPhone8Plusの望遠カメラにも採用していないとのことだ。クローズドループAFは、iPhone SE(第2世代)を含むiPhone XS以降で採用している。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報