前後カメラの定番ドラレコがさらに進化! 安全ライディングの必需品〈ミツバサンコーワ EDR-21Gα〉

’20年の道路交通法改正で厳罰化されたものの、相変わらず危険なあおり運転に関する報道は絶えない。車間を詰められたり急ブレーキをかけられた時のバイクのリスクは自動車とは比べものにならず、”君子危うきに近寄らず”でいたとしても、自分の身は自分で守らなくてはならない。そんな時に味方になるのがドライブレコーダーだ。本記事では、従来版をさらに進化させ、製品名に「α」を纏い新登場したミツバサンコーワ「EDR-21Gα」を紹介する。

●外部リンク: ミツバサンコーワ

色分けカプラーと専用マイクロSD カードでバージョンアップ

振動が大きく雨水やホコリを浴びやすいバイク用ドライブレコーダーは、自動車用よりシビアで開発のハードルが高い。そうした点に真正面から取り組み、多くのユーザーから信頼されているのがミツバサンコーワだ。同社はバイクや自動車用部品の開発製造を行うミツバグループの用品メーカーとして、純正部品品質で製品開発を実践しているのが大きな特長。

前後2カメラ+GPS搭載のEDR-21Gを進化させた「EDR-21Gα」には、上書き録画時にエラーが出にくい高耐久性や適応温度幅の拡大などバイク用にチューニングした、ドラレコ専用スペックのマイクロSDカード(32GB)を標準装備。EDRシリーズ用にフォーマット済みで、本体に挿入するだけですぐに録画できるのも専用品ならでは。また前後カメラ/電源/GPSアンテナ/手動スイッチのハーネスのコネクターが色分けされて一目瞭然となったのは、DIY派にとって朗報だろう。

さまざまな走行条件における画質や視野角など、一瞬のアクシデントも見逃さない動画性能に関しても、今までのモデルと同様、SONY製CMOSセンサーによる200万画素フルHDによってバッチリ残るから安心。楽しいツーリングの思い出も万が一のトラブルも、EDR-21Gαを活用することで記憶とともに記録に残すことができる。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα

【ミツバサンコーワ EDR-21Gα】バイクに必要な防水/防塵/耐振動性能を追求したハイスペックモデルだ。●価格:3万8280円 [写真タップで拡大]

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα|コネクター
[写真タップで拡大]

新製品のEDR-21Gαは、対角162°で200万画素の高画質を記録できる前後2カメラやGPSを搭載したEDR-21Gのスペックを継承しながら、新開発されたドラレコ専用32GBマイクロSDと配線時に接続しやすいよう色分けされたコネクターを新採用。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDRシリーズ専用マイクロSD
ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDRシリーズ専用マイクロSD

EDR-21Gαと同時に、過酷なバイク用ドラレコに特化した性能を作り込んだEDRシリーズ専用マイクロSDも開発。専用フォーマット済みなのですぐに使える。EDR-21Gα標準装備の32GB(3828円)/64GB(6578円)/128GB(1万780円)の3種類。 [写真タップで拡大]

配線を工夫してスマートに取り付けよう

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα|フロントカメラ取り付け
[写真タップで拡大]

付属のカメラステーを使ってフロントカメラを取り付ける。ヘッドライトナセルに貼る場合はステーが水平になるが、垂直面に張る場合はカメラ後部のTOPマークを上に向ける。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα|ナンバーマウント用カメラステー
[写真タップで拡大]

リアカメラはオプション部品のナンバーマウント用カメラステー(2750円)を利用して取り付ける。リアウインカー/リフレクター/ナンバー灯などと干渉しないよう注意する。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα|スイッチ
[写真タップで拡大]

作動状態を示すインジケーターと手動録画ボタンが付いたスイッチは、走行中に押しやすい場所に貼り付ける。自動録画中にスイッチを押すと、その間の動画は専用フォルダに保存される。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα|GPSアンテナ
[写真タップで拡大]

衛星からの電波を受信しやすいよう、GPSアンテナは天面が上向きになるように貼り付ける。ケーブルは純正ハーネスに沿わせてEDR-21Gαを設置する場所まで引き回す。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα|ETC車載器用ポーチに設置
[写真タップで拡大]

スポーツスターはシート下に収納スペースがないので、車体左側のETC車載器用ポーチにEDR-21Gα本体を設置した。本体は防水/防塵性能を追求しIP55をクリアしている。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα取付|プラス側のメインヒューズを抜く
[写真タップで拡大]

電源はバッテリーのプラスとマイナス、イグニッションONで通電する回路に接続する。’08年式スポーツスターはマイナス端子が奥にあるので、プラス側のメインヒューズを先に抜く。バッテリーに触れる際は先にマイナス端子を外すのがセオリーだが、手前にあるのはプラス端子。メインヒューズを抜けばプラス端子を緩める工具がフレームに接してもショートしない。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα取付|同梱ヒューズ
[写真タップで拡大]

キットには安全装置としてヒューズが同梱されている。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα取付|接続
[写真タップで拡大]

ETCが取り付けてあるので、その配線を分岐させることに。電源ケーブルの青を車載器のプラス側(赤線)に接続すれば、イグニッションONでEDR-21Gαが作動する。ここではエレクトロタップを使用した。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα取付|中継コネクターを接続
[写真タップで拡大]

前後カメラ(黒)/電源(赤)/GPSアンテナ(黄)/スイッチ(青)の中継コネクターを接続する。コネクターはシートやサイドカバーなどと干渉しない位置に配置する。実はこれが一番大変な作業だった。タンク/シートをあらかじめ外していた方が作業効率が上がる。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα|フロントカメラ

フロントカメラ装着完了。 [写真タップで拡大]

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα|リヤカメラ装着

リヤカメラ装着完了。 [写真タップで拡大]

バージョンアップしたソフトウェアでツーリング動画も!

ドライブレコーダーは、大きな衝撃が加わらないかぎり延々と上書き録画されるだけだが、PC用の専用ソフトを使えば動画の管理や編集ができる。前後カメラの動画は鮮明で、景色の良いツーリング先ではアクションカメラのように美しい風景の撮影にも使える。万が一あおり運転に遭遇した場合は、手動スイッチで録画することで上書きされないフォルダにデータ保存できる。

ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα|ドライブレコーダーに録画された画面
ドライブレコーダー|ミツバサンコーワ EDR-21Gα|ドライブレコーダーに録画された画面

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報