カブマニアが「欲しかったもの」|モーサイ

CT125・ハンターカブでニーグリップができて荷物も入る!!アイディア製品「誕生秘話」

●記事提供:モーサイ編集部 ●まとめ:中牟田歩実 ●写真:モトサービスエッジ

静岡県浜松市「モトサービスエッジ」がCT125・ハンターカブ用センターキャリアを開発

オン/オフロードを問わない幅広い状況下での利便性に加え、クラシカルなデザインで人気を博するホンダ CT125・ハンターカブ125。

一方でユーザーからは「リヤキャリアに頼らない積載性がもっとほしい」「ニーグリップができないのが怖い」といった声も聞かれる。

そんな「CT125・ハンターカブのここがもう少し」を解決するアイテム「CT125ハンターカブ・センターボックス」が、静岡県浜松市のバイクパーツメーカー「モトサービスエッジ」から登場した。

「モトサービスエッジ」は浜松市の南区にあるバイク屋さんで、車両の販売も行なっているが、車両整備とカスタム、タイヤ販売を中心に行う中部陸運局認証工場だ。モトサービスエッジを含めたグループでは塗装、カーボン、FRP、樹脂整形部品などに関わる仕事も行っている。2021年の11月の鈴鹿8耐にはADVANCE MC&FOC CLYMORE EDGEとしてサポートするなどレーシングサービスも行っている。

そんな「モトサービスエッジ」が2021年6月末に発売する「CT125ハンターカブ・センターボックス」はCT125・ハンターカブのセンターに固定するハードタイプのボックスで、10Lの積載容量を確保するほか、ボックスを膝で挟んで乗ることで、ニーグリップ的な操作も可能にするという。

「CT125ハンターカブ・センターボックス」の実力と開発の経緯を、製品開発を担当したモトサービスエッジの藤田勝行さんに聞いた。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報