Sun-Mecha EYES

ホンダCT125ハンターカブにボルトオンでコンパクトなタコメーターを追加〈デイトナ〉

ホンダCT125ハンターカブにボルトオンでコンパクトなタコメーターを追加〈デイトナ〉

街乗りからキャンプツーリング、さらには林道走行まで幅広く楽しめるギアとして人気集中のホンダCT125ハンターカブ。アクセサリーやカスタムパーツが続々と登場している中、デイトナからリリースされたのが「VELONA(ヴェローナ)電気式タコメーターキット」だ。

●文/写真:栗田 晃 ●取材協力:デイトナ

人気のCT125ハンターカブに電気式タコメーターを追加!

CT125ハンターカブの純正メーターにはタコメーターが装備されていないのだが、長距離ツーリングも平気でこなすタフさを有するバイクだからこそ、ユーザーとしてはエンジンがどれくらい頑張っているのか知りたくなるというもの。

そんなニーズに応えた「ヴェローナ電気タコメーター」は、純正デザインを邪魔しない小ぶりなφ48mmのニードルタイプ。スピードメーターがデジタル表示なので、タコもデジタルの方が見やすいように思えるかもしれないが、最高9000回転まで刻まれた文字盤上で実際の針が動く様子を見る方が、エンジンの状態を直観的に捉えやすい。

シフトインジケーターや電圧計など付属機能も充実しており、街乗りでもツーリングでも重宝するはずだ。

VELONA 電気タコメーターキット φ48mm

【VELONA 電気タコメーターキット φ48mm】ツヤ消しブラックのボディが純正インパネにフィット。赤く点灯するシフトインジケーターや、白/青/橙のバックパネル色選択など機能が豊富だ。●価格:1万8700円 [写真タップで拡大]

取り付けが容易なボルトオン設計

取り付けに関してはすべてボルトオン&カプラーオンで、ステーを削ったり配線の皮を剥く必要がないのは、さすがのデイトナ製。

ヴェローナ電気タコメーターキット|CT125ハンターカブへの取り付け
ヴェローナ電気タコメーターキット|CT125ハンターカブへの取り付け

メーターへの電源はヘッドライトケース内の純正サービスカプラーから取り出し、エンジン回転数信号取り出しハーネスはエンジンガード奥のイグニッションコイル端子に割り込ませる。 [写真タップで拡大]

ヴェローナ電気タコメーターキット|CT125ハンターカブへの取り付け
[写真タップで拡大]

ステーは純正メーターと共締めなので、加工は一切不要。

点火仕様に合わせた初期設定が重要

取り付けの次は初期設定。特に回転数の表示を合わせるための点火方式の設定は重要だ。このメーターはクランク1回転1点火/2回転1点火/1回転2点火/1回転30パルスが選択できる。CT125は2回転1点火。本体裏側のモードボタンとセットボタンで設定する。

ヴェローナ電気タコメーターキット|CT125ハンターカブ|初期設定
[写真タップで拡大]

タコメーター本体裏側のモードボタンとセットボタンで設定する。

本体裏側のモードボタンにより点火方式が表示される
本体裏側のモードボタンにより点火方式が表示される

[写真タップで拡大]

本体裏側のモードボタンにより点火方式が表示される
本体裏側のモードボタンにより点火方式が表示される

電気式タコメーターは車体側の点火パルスに合わせたセッティングが必須。本体裏側のモードボタンにより点火方式が表示されるので、クランク2回転1点火を表す「1P-2r」でセットボタンを長押しする。シフトインジケーターの回転数設定もこの液晶で行う。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報