現代のザッパーが登場だ!

100万円切りで登場か?! カワサキの隠し玉は「Z650RS」で間違いなし! 正式発表は9月27日だっ!

カワサキが2021年8月24日に欧州で公開したティーザー動画『Retrovolution is coming』を見た我々は、チラ見せしたマシンの造形からZ650RSの可能性が高いと推測していたが、さらに公開された第2弾でそれは確信に変わった。だって、旧Z650が置いてあるんだもの!

●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●CG制作:SRD

“Retrovolution”の正体は2気筒のZ650RSでビンゴ!

カワサキのZ900RSが大人気だ。2018年の登場から国内販売台数では401cc以上の大型バイクカテゴリーで3連覇を達成し、カスタム文化も百花繚乱。つい最近はハイグレード版Z900RS SEも正式発表されるなど、その人気ぶりはとどまることを知らない。

しかしカワサキは、さらなる次の一手を仕込んでいた。2021年8月24日に欧州で公開されたティーザー動画『Retrovolution is coming』で披露されたマシンは、クラシカルなミラーやメーターの一部、そしてフロントブレーキのマスターシリンダーがチラ見せされたのみだったが、砲弾メーターの形状はZ900RS系であることを示し、一体型リザーバータンクはミドルクラスを示唆。……となれば、これはZ650RS以外にあり得ないのではないか、というのが動画公開時の本誌の見解だった。

そしてさらなるティーザー動画が公開されたのだ。第2弾となる『RETROVOLUTION – Will You Join ?』に映し出されるのはチェスで対戦する男が2人。背後にあるのは……旧Z650じゃないの! もはや間違いなしでしょう。しかも正式発表は2021年9月27日という予告付きだったんだからね!

[写真タップで拡大]

こ、これは……ッ!! 1976年に登場したZ650、通称ザッパー(ZAPPER)でしょ! ※関連記事に詳細あり

ちなみに旧Z650は空冷4気筒だが、ここはZ900&Z900RSの例に倣って現行型のZ650をベースにするはず。大好評のZ-RSシリーズを盤石のものにしたいカワサキは、国内価格84万7000円のZ650からプラスアルファに収めることで、多くのライダーが入手しやすい価格を実現するに違いない。というわけで、ヤンマシ予想価格は100万円前後といったところだが、希望も込めて100万円切りとしたい!

トライアンフからはトライデント660が登場し、ヤマハもフルカウルスポーツながらYZF-R7を発表するなど、世界的に扱いやすくカッコイイ100万円前後のミドルが新潮流にならんとする勢い。カワサキはここにテッパンのRSスタイルで流れに乗る、そう考えるのが自然なんじゃないだろうか。

しかもZ650は既にユーロ5にも対応済みで、Z900RSで違和感なく処理されたスチールパイプフレームという共通点もある。あとは外観をどう“カワサキのZ”らしく仕上げるかだが、そこはカワサキの魅力を存分に身に染み込ませた熟練OBが腕を奮えば間違いはない! ※現在、カワサキは多くのOBを呼び戻してのラインナップ拡充と現役スタッフによる新技術開発を両輪としてフル稼働させている

ちなみに発売中のヤングマシン10月号では、上記のカワサキOBの件やZ650RSスクープのほかに4気筒250ccのZ250RS、400ccスーパースポーツのニンジャZX-4Rについても記事化しているぞ。いやあ、イケイケのカワサキが止まらないZE!!

1970年代のZ650は「ザッパー」の愛称で人気車に。だが、新型はもちろんZ900RSに寄せたデザインで現在のトレンドに忠実に従う。この予想CGは、ヤングマシン本誌には未掲載の色違いバージョンだ。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

Z650RSのベースとして最適と予想するのが、並列2気筒でリーズナブルなZ650だ。毛色の異なるストリートファイターからヘリテイジスタイルへの変身はZ900→Z900RSで問題ないことも証明済み。Z650は2020年モデルでユーロ5への対応も完了している。こうなったら目指せ100万円切り! ■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000rpm 6.4kg-m/6700rpm■189kg シート高790mm 燃料タンク容量15L■タイヤF=120/70ZR17 R=160/60ZR17

【動画】RETROVOLUTION – Will You Join ?


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報