これもカタナです|モーサイ

ル・マン優勝車「初代GSX-R750」の系譜を継ぐナゾのカタナ「スズキGSX-F」シリーズとは?

●レポート:モーサイ編集部・加賀 ●写真:八重洲出版/モーサイ編集部・加賀 ●編集:上野茂岐(モーサイ編集部

スズキ GSX600F「レーサーレプリカとツアラーの融合モデル」

2021年6月に行われた「ル・マン24時間耐久」でスズキ参戦チーム「ヨシムラSERT Motul」が優勝したことは記憶に新しいと思う。

ところで、ル・マン優勝マシンの系譜を継いだ「KATANA」があることをご存じだろうか?

それが欧米を中心に販売されたGSX-600Fだ。

スズキ GSX600Fは、1988年に海外向けモデルとして発売されたスポーツツアラーである。

当時のリリース資料では「レーサーレプリカのパフォーマンス、ハンドリングにツアラーバイクの汎用性と便利さをプラスした」とうたわれている。

そんなGSX600Fは、北米市場においては「KATANA600」という名が与えられた(欧州では「GSX600F」「GSX600F KATANA」など表記が混在)。

油冷エンジンはデビューと同時にル・マン24時間耐久で優勝を果たした初代GSX-R750がベースだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報