目立たないのに主張する! 車検対応の極小LEDウインカーにクールなメッキ仕様が登場〈キジマ〉

自分と周囲の安全のため、絶対に必要な保安部品のウインカー。…とはいえ、なるべく目立たない方がスッキリしてカッコイイ。そんなカスタム派に人気の、極小ながら抜群の視認性を誇り、車検にも対応するキジマの「NANOウインカーシリーズ」。従来のブラックに加えてクロームメッキバージョンが登場し、カスタムの可能性が一層広がった!

●文:伊藤康司 ●外部リンク:キジマ

目立たないのに主張する!? キラリ輝くLEDウインカー

もはや点滅していなければ「あれっ、このバイク、ウインカーが付いてない!?」とカン違いするほどコンパクトなLEDウインカーは、近年のカスタムではかなりメジャーな存在。ウインカーの保安基準は過去に幾度か改正されたが、大きな転換点が’15年で、ECE(国際欧州経済委員会)が定めた基準に適合する「Eマークを取得していれば保安基準を満たす」となった。端的に言えば、レンズの面積やワット数に関わらず、定められた”視認性をクリア”していればOKになったのだ。

そこで注目の製品がキジマの「LEDウインカーNANOシングル」と「ウインカー&テールランプNANOコンビ」。極小ながら驚くほどの光量で抜群の視認性を実現。しかも消費電力が小さいのでバッテリー等の負荷も少ない。そして取り付け部はM6×10mmで自由度が高く、オプションで各種汎用ステーも用意される。

そんな人気のNANOランプ、従来のブラックボディに加え、アメリカンやストリート系にもマッチするクロームメッキが登場し、カスタムの幅がますます広がった。

もちろんNANOランプシリーズはEマーク(50R)取得済みなので、車検に対応する。ただし装着位置(高さ/左右幅/視認できる範囲など)が保安基準に適合していないと車検に通らない場合もある。またLEDランプは、装着車両によってICウインカーリレーやレジスターなどを装備しないと正常に点滅しない場合もあるので、キチンと対策してカスタムを楽しもう。

キジマ|ウインカーランプNANOシングル クロームメッキ

【ウインカーランプNANOシングル クロームメッキ】●価格:1万4300円 ■キジマ [写真タップで拡大]

キジマ|ウインカー&テールランプNANOコンビランプ クロームメッキ

【ウインカー&テールランプNANOコンビランプ クロームメッキ】●価格:1万8700円 ■キジマ [写真タップで拡大]

キジマ|ウインカーランプNANO
[写真タップで拡大]

超小型だけに取り付け部はM6×10mm。1セットで2個入り、結線用の溶融ハンダ入りヒートシンクチューブも付属(写真はコンビランプ)。

キジマ|ウインカーランプNANO
キジマ|ウインカーランプNANO

ボディはアルミダイキャスト。サイズは9.8×9.8×14.2mmで、マイクロSDカードと比べてもこの大きさ。ブラックボディ(シングル/1万3200円 コンビ1万7600円)もラインナップ。 [写真タップで拡大]

キジマ|ウインカーランプNANO
[写真タップで拡大]

【ウインカーランプNANOシングル/ウインカー&テールランプNANOコンビランプ】●価格:シングル1万3200円 コンビ1万7600円 ■キジマ


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報