日本で最後の走りは見れないけれど……

【バレンティーノ・ロッシ引退】26年の世界グランプリ人生に終止符

●文:ライドハイ編集部 ●写真:MICHELIN

現役レジェンドが引退する……

2021年、42歳のバレンティーノ・ロッシは26回目の世界グランプリシーズンをスタートさせた。

イタリアのスーパースターであるロッシ。1996年にスタートしたそのキャリアは125cc、250cc、500cc、MotoGPクラスを通じ413回(2020年まで)のグランプリに出場、115回の優勝と235回の表彰台を獲得してきた。しかし、ロッシが最後に勝ったのは2017年の6月のアッセンまで遡らなければならない。

2021年、6月のオランダGPでは「来年のことはこれからの結果次第で夏休みに決めようと思う。表彰台を目指せる強さがあればもう1年続ける。そうでなければナシだね」とコメント。

8月のチェコGPの前夜は「モーターサイクルのレースをするのが好きだからここにいるんだ」とコメントしていた。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報