新旧ハヤブサに通じる”デッカいアメ車”的な面白さ〈比較試乗インプレッション〉

新旧ハヤブサに通じる"デッカいアメ車"的な面白さ〈比較試乗インプレッション〉

日本では’17年モデルを最後にラインアップから消えていたが、’21年型で3代目に生まれ変わったスズキ ハヤブサ。新旧モデルを徹底的に比較する今回の特集にて、テスター丸山浩氏の試乗取材に同行したライター・田宮徹氏も両機に試乗した。サーキット遊びにも興ずるファンライド層が抱いたインプレッションを、セカンドオピニオンとしてお届けする。

●テスター:田宮徹 ●写真:長谷川徹 真弓悟史 山内潤也 ●取材協力:スズキ

新型登場で”ハヤブサ”という乗り物が理解できたかも

新旧ハヤブサを乗り比べてまず感じるのは、13年という時間の長さだ。

特に電子制御に関しては、旧型が2代目として登場した’08年というのは、ようやく市販車に出力特性を切り替えられる機構(スズキの場合はSDMS)が使われ始めた黎明期。その後、’15年から6軸慣性計測装置(IMU)が市販車にも活用されはじめ、このあたりから一気に制御が高度化されたわけで、それらをフルに装備してきた新型と、まだほとんど何もない時代に生まれた旧型を比べるというのは、かなり酷な話だと思う。

旧型にもSDMSは採用され、出力特性を3タイプに切り替えられるが、フルパワーモード以外は制御に違和感があり、今となっては懐かしさを感じてしまう。ただし、ウェット路面を含むどんなシーンでもフルパワーのままで十分に扱いやすく、そもそもモード変更が必要という感じはない。

対して新型はSDMS-αに進化され、パワーモード/アンチリフトコントロール/クイックシフト/エンジンブレーキコントロール/トラクションコントロールの5項目が連動して切り替わる。こちらも、フルパワー状態でも扱いやすいのは同じ。しかし違うのは、特性や出力がマイルドなモードでも違和感が少ないことだ。電子制御のあり/なしはもちろんだが、唯一どちらにもあるパワーモードセレクターの制御にもだいぶ差があり、「13年ってそういうことだよな」と妙に納得させられてしまった。

新型3代目スズキハヤブサ

かなりのデカさだが、じつにユーザーフレンドリーな新型。あまり身構えずに乗り出せてワインディングで振り回せる1340ccって、スゴいと思うのだ。 [写真タップで拡大]

コーナリングは、新型のほうがだいぶイージー。優れた接地感を味わいながら、深く考えずに操れる。私は’19年型GSX-R1000Rを所有しているのだが、シフターによる変速のスムーズさは新型ハヤブサのほうが勝っている印象で、ちょっとうらやましい。まあ、現行型GSX-Rの登場は’17年なわけで、ここにも4年の差があるわけだが…。

そういう意味では、むしろ旧型ハヤブサオーナーのほうが、ここまで大差があるとむしろ嫉妬しないのではないかと思える。上質で扱いやすい新型に対し、スパルタンな旧型。性格が完全に異なるわけで、それぞれに魅力がある。

旧型には過去に何度も乗ってきたが、当時はあまりその長所を理解できずにいた。スポーティに走るなら、長距離を快適に走るなら、普段使いのツーリングマシンにするなら…とシーンごとに考えると、ハヤブサ以外の車種が次々に思い浮かんでしまい、なおかつ「日本ではどうせトバせないじゃん…」と、じつは否定的だったのだ。

しかし新型に乗ったことで、「あぁ、ハヤブサはスピードではなくエンジンフィーリングと意外性を楽しむ乗り物なんだ」と感じた。トバさなくてもエンジンに気持ち良さがあり、この巨体が実はけっこうよく曲がる。デッカいエンジンを積んだアメ車のよう…とでも表現するべきか。新型は、その部分が”デフォルメ”されていて、魅力が伝わりやすかった。そして新型に乗ったからこそ、じつは旧型にも同じ楽しみが詰まっていると知ったのだ。

旧型2代目スズキハヤブサ

どこか荒々しい雰囲気の旧型。タイヤを現行製品にして前後サスをセッティングしたらもっと楽しめそうだが、電子制御ばかりは…。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

スズキ HAYABUSAの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 176価格種別 中古車 103

本体

217.37万円

価格帯 152.9~222.2万円

本体価格

本体

108.02万円

価格帯 45.37~190.85万円

諸費用

5.36万円

価格帯 13.58~25.61万円

諸費用

諸費用

13.02万円

価格帯 5.84~7.7万円

乗り出し価格

222.73万円

価格帯 166.48~247.81万円

乗り出し価格

乗り出し価格

121.04万円

価格帯 53.07~196.69万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|最新バイク情報