’21インディアン FTRカーボン試乗ショートインプレ【カーボンを纏った最上級モデル】

●文:谷田貝洋暁 ●写真:真弓悟史 ●取材協力:インディアンモーターサイクル

フラットトラックレーサー由来のフロント19インチホイールの車体に、12.0kg-m/5900rpmという強烈トルクを発生させる1203cc水冷エンジンを搭載。加えて853mmのシート高に大柄な車体と、個性の塊のようなコンポーネントだが、走行フィーリングも見た目どおり強烈でパワフル&マッシブ。最上位機種のFTRカーボンは、カーボン外装はもちろん、フレーム塗装など上級仕様にふさわしいスペシャルな装いだ。

インディアン FTRカーボン

【’21 INDIAN FTR CARBON】■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 1203cc 123ps/8250rpm 12.0kg-m/5900rpm ■車重235kg(装備) ●色:赤×黒 ●価格:248万8000円~ [写真タップで拡大]

インディアン FTRカーボン|ライディングポジション

【ライディングポジション&足着き性】853mmのシート高はちょっと腰高な印象で、足つきは両足を着こうとすると7〜8cmほど踵が浮く。その分上半身のアイポイントは高くなるのがフラットトラックスタイル。[身長172cm/体重75kg] [写真タップで拡大]

インディアン FTRカーボン|エンジン
[写真タップで拡大]

1203ccのVツインエンジンは最大トルク12.0kg-mを低めの5900rpmで発揮する野太い加速が持ち味。モード切り替えやトラクションコントロールも備えている。

インディアン FTRカーボン|カーボンパーツ
[写真タップで拡大]

その名の通りタンクカバーやヘッドライトハウジングなどにカーボンパーツを多用。いわばFTRシリーズ最上級仕様だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報