初代モデルは、なんと1920年登場!

紳士的にゆったりも、アツイ走りもお任せ! 欲張りな要望に応える【INDIAN SCOUT(インディアン スカウト)100thアニバーサリーエディション試乗レポート】

  • 2020/4/9
ハーレー専門誌「ウィズハーレー」編集長・青木タカオがインディアン・スカウトに試乗!!

アメリカでもっとも歴史のあるモーターサイクルメーカー「Indian motorcycle(インディアンモーターサイクル)」の主軸モデル「SCOUT(スカウト)」。初代誕生からナント100年! そのアニバーサリーモデルが世界限定750台で発売されている。ハーレー専門誌「ウィズハーレー」編集長で、クルーザーに造詣の深い青木タカオが乗ってみた。

●文:青木タカオ ●写真:真弓悟史
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

二面性あるエンジンが飽きさせない!

創業1901年、アメリカ最古参のバイクメーカー「Indian motorcycle(インディアンモーターサイクル)」。1920年に初代モデルが誕生した「SCOUT(スカウト)」は、30年代に運動性能を向上した「SPORT SCOUT(スポーツスカウト)」へと昇華すると、フロリダ州ジャクソンビルやジョージア州サバンナでの200マイルレースなどで圧巻の強さを見せつける。

ライバル、ハーレーダビッドソンは37年にスピード重視の「WLDR」で対抗するが、その年に初開催されたデイトナ200マイルでもインディアン・スカウトが1位を堅守。躍進は、誰にも止めることができなかった。ちなみに、その名をバイクファンではない人にも広く知らしめた映画『世界最速のインディアン』(2005年公開)に登場したマシンも“スカウト”だ。

その由緒正しきモデルの生誕100周年を記念し、世界750台のみ生産されたのが『スカウト100thアニバーサリーエディション』。

インディアン スカウト

[写真タップで拡大]

高剛性アルミフレームに搭載する排気量1133ccの水冷VツインDOHC4バルブエンジンや、前後16インチの足まわりなど基本構成はシリーズで共通としつつ、ワイヤースポーク仕様のホイールや幅広のビーチハンドルバー、本革を用いたサドルシート、クロームパイプのリアキャリアを装備。

外装は数々の栄冠をもたらした“レッキングクルー”のマシンたちがそうだったように「インディアンレッド」で美しくペイントされ、100周年記念バッジとともに彩られた。ディープフェンダーや燃料タンクに、繊細でエレガントなゴールドのストライプが描かれ、プレミアムな1台であることを強く感じる。

インディアン スカウト

[写真タップで拡大]

ツインカムでショートストロークの60度Vツインエンジンは、ミドルレンジまでは心地よくテイスティだが、その気になれば猛然と加速し、元気溌剌という二面性のあるキャラクター。

不等間隔爆発の心地良い鼓動を低回転域では味わえ、ダッシュが必要なシーンでアクセルを開ければ力強いトルクとともに回転上昇し、5600rpmでピークトルク97Nmを発揮。トップギヤ6速での100km/h巡航は3100rpmほどで、120km/hあたりまでがスイートな領域であることは140以降の目盛りが小さい速度計を見ても納得がいく。

インディアン スカウト

[写真タップで拡大]

大排気量クルーザーにしてはコンパクト感がシャシーにあり、それは俊敏な身のこなしであったり、軽快なハンドリングが乗り手に印象づけている。

前後16インチとピレリ・ナイトドラゴンが素直な初期旋回をもたらし、前後サスも踏ん張りが効き、突き上げをくらう不安もない。バンク角は深くないから旋回力が高いと言えないが、操作に対し従順に車体が反応し、剛性の高いフレームや踏ん張りの効く前後サスはハードに攻め込んでも音を上げず、車体に対しては現代的な印象を抱く。

ハーレー・スポーツスターが直接のライバルとなるが、全方位で先進的であることは間違いない。ただし、XL系はスチールフレームに空冷45度Vツイン5速という、もはや旧車然とした組み合わせだから、そう感じるのは当然。本当のライバルは、今夏以降登場してくる、同じ水冷60度VツインのRevolution Max(レボリューションマックス)搭載車となるだろう。

インディアン スカウト

[写真タップで拡大]

見た目どおり紳士的にゆったり流しても味わい深いし、ワインディングで前方に投げ出した両足を載せるステップを路面に擦らせてアグレシッブなライディングに没頭するのもいいだろう。どちらも楽しい、満足度の高い1台だ。

伝統とモダンが融合し、ハイクオリティと新しい価値を生み出した!

インディアン スカウト

ゆったりとしたライディングポジションをもたらす幅広のビーチハンドルバー。未舗装路が多かったスカウト誕生時を偲び、ブレース付き。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

踏ん張りの効くセッティングが施されたカートリッジ式フォークが、支持剛性の高いヘッドパイプに29度のレイク角でセットされる。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

フロントブレーキは298mmローターと2ピストンキャリパーの組み合わせで、制動力はタッチに不満はない。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

リムをクロームとした高級感漂う指針式の単眼メーター。液晶パネルではギヤポジション、エンジン回転数、時計などを表示し、機能性も申し分ない。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

60mmのシングルスロットルボディを持つダウンドラフト吸気を採用。100thアニバーサリーエンブレムをインジェクションカバーにあしらった。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

ボア・ストローク99×73.6mmのショートストローク型のエンジンは、直打式の吸排気バルブを持つ。水冷60度Vツインの爆発感覚は300-420度で、そのフィーリングは45度のハーレーとドゥカティのLツイン、その中間的とイメージしていいだろう。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

オリジナル当時の雰囲気を思わせる赤いペイントが、伝統や気品を感じさせる。繊細なゴールドラインも見事。燃料タンク容量はH-Dアイアン1200と同じ12.5Lを確保した。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

本革性のサドルシートは、見た目重視で快適性は二の次だろうと見た目では感じたが、走ってみると乗り心地が良くホールド性も悪くない。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

ライディングポジションは最上段の走行画像で確認できるだろう。身長175cmの筆者の場合、ヒザが曲がり、フォワードコントロールのステップも前方過ぎず、遠いと感じることはない。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

ツインショック式でレイダウンされてマウントされるリアサスペンション。ストローク量は76mmと短いものの、底付きや突き上げを感じることはなかった。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

右側に出されたクローム仕上げのデュアルエグゾースト。ストレートカットのエンド部はブラックアウトされ、図太く迫力のある排気音を奏でる。 [写真タップで拡大]

インディアン スカウト

トゥームストーン型のテールランプレンズなど、リヤエンドも伝統を感じるもの。フェンダーもディープスタイルで、前後16インチタイヤに覆い被さる。 [写真タップで拡大]

最新の記事