pick-up|ライドハイ

ヤマハ発動機社長はバイクブーム真っ只中にFZ400Rオーナーだった【ヤマハ発動機 社長インタビュー】

ヤマハ発動機株式会社の社長がYZF-R1Mのオーナーと聞いていたが、インタビューの際に走らせるその姿がこなれているのに感動する。ネモケンこと根本健によるインタビューは、まず一緒に走るところからはじまった。

●文:ライドハイ編集部(根本健) ●写真:長谷川 徹、ヤマハ発動機

社長が生粋のバイクファンという嬉しい驚き!

現在のヤマハ発動機株式会社・代表取締役社長の日髙祥博さんは、なんとYZF-R1Mのオーナーだという。いまどきバイクメーカーの社長がバイクに乗れるのは、そこそこフツーになったとはいえ、スーパースポーツでもハイエンドの超尖ったYZF-R1Mのオーナーと聞くと気になって仕方ない。

そのヤマハ発動機社長のインタビューが実現することとなった。これはバイクに一緒に乗って、ライダー・マインドを共有してからお話を伺うのがベストに違いない。

この企画にヤマハがお膳立てしてくれたのは、ご本人所有のYZF-R1Mにはすでに新型があるのでそれを用意、根本さんも最新YZF-R1でご一緒に、ということに。

インタビュー当日、初めましてのご挨拶もそこそこに、まずは2人でバイクに跨がると、思った通り日髙社長はヤマハ発動機の社長から瞬く間にライダーの顔になった。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報