Royal Enfield HIMALAYAN×ライドハイ

【ロイヤルエンフィールド ヒマラヤ インプレ vol.1】過酷な環境を走り切るタフなヘビーデューティモデル

オンロードもオフロードも想定したロイヤルエンフィールド初のデュアルパーパスモデル「ヒマラヤ」の評価がジワジワと上昇している。ゆるキャラのような見た目とは裏腹に、その装備は本気のサバイバル仕様だ。

●文:ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真:長谷川徹

ロイヤルエンフィールドがラインナップするデュアルパーパスモデルが「HIMALAYAN」だ。少し前まで、カタカナ表記の時は「ヒマラヤン」とされていたが、現在は「ヒマラヤ」で統一されている。

アンケートやデータをしっかり取ったわけではないものの、このモデルに対するネガティブな声は極めて少ない。というか、これまで聞いたことがない。威嚇も威圧も感じられない見た目によるところが大きく、誰もがつい気をゆるしてしまう、愛玩的なたたずまいが魅力だ。

ネオクラシックではなく、リアルクラシックとして生き長らえてきたようなスタイルながら、その歴史は案外新しい。本国のインドや欧州で発表されたのは2016年のことで、日本へは2018年から導入を開始。味わい深い走りに対する評価が徐々に広まっている。

このモデルの開発スタートは、2010年にまでさかのぼる。ロイヤルエンフィールドの母体アイシャーグループのシッダールタ・ラルCEOがヒマラヤ地方のツーリングを楽しんでいた時のこと。滞在していた村が鉄砲水に襲われて立ち往生し、旅の中止を余儀なくされたそうだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報