欧州でティーザー第2弾

YZF-R1/R6と共通イメージの顔?! ヤマハ「YZF-R7」の登場は5月18日22時!!

ヤマハは欧州で2021年5月12日、「R/World is within your reach, 18/05/21.」と題した、ベールに包まれたマシンのティーザー映像、第2弾を公開した。今回はサーキットやワインディングロードを楽しむライダーの姿が映し出され、ヘッドライトもチラ見せ。コイツは噂の「YZF-R7(仮)」に違いない!

エンジン音は前回同様、やはりクロスプレーンに思えてならない

欧州ヤマハが2021年5月12日に公開したティーザー映像は、「R/World is within your reach, 18/05/21.」と題し、2021年5月18日にあなたのもとへRワールドが届く……としたもの。予告された公開時間は、CEST(中央ヨーロッパ夏時間)の15時。日本時間にすれば22時ということになる。

今回はサーキットやワインディングロードを楽しむライダーの笑顔がメインとされ、短い時間ではあるがヘッドライト周辺のフェイスをチラ見せしている。そのDRLと思しきライトの形状は、ヤマハが誇るスーパースポーツ「YZF-R1」や「YZF-R6」の血筋を強く感じさせるもの。

そして面構成が凝った形状であるとともに、整流板のようなものとアッパーカウル中央にエアインテークのような穴が開いているのが確認できた。これがラムエアダクトなのかフレッシュエアインテークなのかはわからないが、複雑な形状は一定以上のクラス感を表現しているようにも思えることから、やはりビギナー向けのYZF-R25/YZF-R3ではなさそうだ。とはいうものの、ライダーのウエア姿などからはレーシング色はさほど濃くないマシンということもわかる。

全開のティーザー映像と同じエンジンサウンドも聞こえてくるが、やはり90度Vツイン、または270度クロスプレーンクランクの並列2気筒エンジンのように思えてならない。すでにヤマハがユーロ5に対応させている688cc並列2気筒エンジン、MT-07系と考えるのが自然だろう。

欧州ヤマハは、MT-07のマイナーチェンジとともにCP2と名付けられたクロスプレーン270度クランクの並列2気筒エンジンのユーロ5適合を実施。近日中に同様の変更を受けた日本仕様も発表される見込みだ。 [写真タップで拡大]

問題は、このマシンの車名をYZF-R7と断言していいものかどうか……。しかし我々は、第1弾のティーザー映像が公開された後、ヤマハが日本で今年の2月頃に「YZF-R7」の名を商標登録出願していることを掴んだ。この名がそのまま使われる可能性は、かなり高そうだ。

あとは正式発表のその日まで、刮目して待て!

ヤングマシン本誌2021年3月号にスクープ記事を掲載した際に制作したイメージCGがこちら。顔の表情はけっこういいセンいってるかも! MT-07ゆずりの扱いやすいパワー特性に加え、足まわりや電子制御の強化を想定。街乗り、ワインディングロード、そしてサーキット走行も気軽に楽しめるフレンドリースポーツマシンになることが期待される。 [写真タップで拡大]

ティーザー映像【R/World is within your reach, 18/05/21.】


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報