『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:アメリカン部門【販売絶好調レブル250が圧勝】

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:アメリカン部門【販売絶好調レブル250が圧勝】

●文/まとめ:沼尾宏明

2輪4輪のプライズで日本最長&最古の歴史を誇る『マシン オブ ザ イヤー』。当年モデルの中から読者投票で人気ランキングを決めるガチ企画、ヤングマシン読者2239名が選んだ’20人気モデルやいかに? アメリカン部門では、’20年の販売台数1万台を突破した絶好調のホンダ レブル250が圧勝を遂げた。

〈総評〉人気にブースト! 小結が横綱をダブルスコアで圧倒

近頃まで、歴代ホンダ ゴールドウイングとヤマハVMAXが強かったアメリカン部門。ところが、前回はホンダ レブル250がゴールドウイングを破り、初戴冠を成し遂げた。その勢いは止まらないどころか、一層の拍車がかかり、今回は2位のゴールドウイングに2倍超の大差でレブルが連覇。シンプルで現実的な価格のレブルが、300万円の旗艦ツアラーを下す…。時代は大きく変わったと言えるだろう。

当クラスは近年ラインナップが減り、エントリー数はわずか5台。メンツは前回から変わっておらず。さらに言えば順位も同じだった。しかしながら、’21年はレブルの親玉である1100がデビュー。停滞する当部門に旋風を巻き起こすのは確実だ。

第1位:ホンダ レブル250〈1042票〉ベストセラーが余裕のV2

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:アメリカン部門【販売絶好調レブル250が圧勝】

ホンダ レブル250 [写真タップで拡大]

カジュアルなくさび型フォルムのクルーザーで、登場年の’17は5位。前回の初勝利に続き、圧勝で2連覇を挙げた。しかも前回の651票に対し、1000票超えをマーク。得票数4ケタはこのレブルとZX-25Rだけだ。

【読者の声:気楽で乗りやすい!】●気楽に乗れるアメリカン(群馬県Y.Y.) ●オシャレ。街でよく見かける(東京都Y.O.) ●女子でも乗りやすい(兵庫県I.K.)

第2位:ホンダ ゴールドウイングシリーズ〈475票〉

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:アメリカン部門|ホンダ ゴールドウイングシリーズ

ホンダ ゴールドウイングシリーズ [写真タップで拡大]

’18年型で17年ぶりに全面刷新し、名声を高めた旗艦。1833ccフラット6の余裕と運動性を両立し、乗り心地は極上だ。

【読者の声:憧れの存在】●一度は乗ってみたい(東京都M.T.) ●老後は夫婦でロングツーリングしたい(北海道J.A.)

第3位:ホンダ レブル500〈288票〉

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:アメリカン部門|ホンダ レブル500

[写真タップで拡大]

250と共通の車体に水冷パラツイン471ccを搭載。’20年に弟分と揃って、フルLEDなどを獲得した。

【読者の声:日本にベスト】●よく見かけるが街乗りに良さそう(大阪府S.S.) ●日本の道路事情を思うとベスト(埼玉県Y.H.)

アメリカン部門ランキング

[順位] 車両名〈得票数〉(前年順位)
[1] ホンダ レブル250シリーズ〈1042〉(1)
[2] ホンダ ゴールドウイングシリーズ〈475〉(2)
[3] ホンダ レブル500〈288〉(3)
[4] ヤマハ ボルトABS/Rスペック〈237〉(4)
[5] カワサキ バルカンS〈197〉(5)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報